八千草薫の夫や今現在は?子供も調査!やすらぎの刻での役割も調査!

皆さん、こんにちは♪

最近は寒い日が続いてますね。そして、

晴れた日が続いているので乾燥も続きますよね。

女性は大変かと思いますが、保湿ケアしっかりしましょうね♪

そして、最近のニュースで思ったことはアコンカグア登山をしていた三浦雄一郎さんについてですね。

登山は断念してしまいましたが、86歳という年齢で登山に挑戦するというところに尊敬しました。

体調面でドクターストップとなってしまい、

登山断念となってしまったので三浦さん本人はとてもつらかったと思います。

でも、自分の限界を超える挑戦をしている姿には、とても感動しました。

私自身もまだまだ挑戦し続けていきたいと思っています。

きっと、三浦さんのニュースをみて同じように思った方は多いのではないでしょうか?

人間はいくつになっても挑戦できるといことですね!見習いたいと思います。

そしてもうひとつ気になる報道が。

女優の八千草薫さんがガン闘病のためテレビドラマを降板されました。

本日は、皆さんも一度はテレビでみたことのあるかと思いますが

ベテラン女優である八千草薫さんについてご紹介したいと思います。

[ad#adsense]

八千草薫さんの今現在とは

2019年現在88歳の八千草薫さんは

テレビ朝日で4月放送開始予定だったドラマ

「やすらぎの刻」で時期ヒロインとして出演されることが

決まっていました。

しかしがん治療のため降板することが発表されています。

膵臓のガンが見つかったのは一昨年だそうです。

昨年2018年1月に手術を受け術後の経過は順調だった

ようですがその後肝臓のガンが見つかったそうです。

がん闘病中であることも今回始めて公表されました。

最近はあまりテレビなどで拝見することはなかったですが

テレビドラマのヒロインに決まるなど女優としての

活動は続けていらっしゃいました。

もちろん年齢的なこともあり、

無理をしない範囲でということだったかもしれませんが

2010年以降も年に1,2本のテレビドラマや

映画へご出演されていました。

[ad#adsense]

八千草薫さんの夫はどんな人?

気になるのが88歳の八千草薫さんのご主人です。

もともとわたしが小さい頃から

「日本の理想的なお母さん」役が多かったような気がしますが

八千草薫さんご自身のプライベートなことは

あまり存じ上げていませんでした。

八千草薫さんはご結婚されています。

八千草薫さんがご結婚されたのは、

1957年のことです!そしてお相手は、

映画監督の谷口千吉さんです。

谷口千吉さんの簡単なプロフィールをご紹介しますと、

1912年2月19日生まれ、東京都出身。

学歴は早稲田大学文学部英文科中退で趣味は登山ということです。

高学歴男子だったということですね!笑

そして、プライベートの経験値としては大変モテたというこで、

3回の結婚と2回の離婚をしています。

今の時代では、3組に1組のカップルが離婚すると言われていますよね。

谷口千吉さんの時代では、そこまで離婚が多いと思えないときに

2回の離婚経験をお持ちということで、

かなりモテ男さんだったということがわかりますよね!

八千草薫さんとは、不倫の末の結婚だったようです!

後程、お仕事関係はご紹介しますが「乱菊物語」の撮影現場で知り合いました

その当時は、若山セツ子さんという方と夫婦関係にありましたが、

不倫関係になってしまったということです。

清純なイメージの八千草薫さんがからまさか不倫の情報が

出てくるとはびっくりしました。

この時代に恋愛でしかも不倫ということは世間的にも

許されることではなかったと思うんですが。。

それでもお互いの思いを貫いたのでしょうか。。

案外八千草薫さんは情熱的な恋に生きる女性だったんですね。

そういう意味では今の女性よりもずっと強い女性なのかも。。

女優さんを続けてきたことからしても

そうとう強い信念をお持ちの方なんでしょう。

お仕事関係と言いますと、

谷口千吉さんは、早稲田大学在学中に千田是也さん、

東野英治郎さん、小沢栄太郎さんとともに演劇活動をしていました。

1930年に大学を中退することになり、

1933年にはPCL(東宝の前身にあたります)に

助監督として入社しました。

その当時は主に山本嘉次郎監督の助監督をしていました。

よくある話だと思いますが、長い下積み期間を経て

1946年に「東宝ショウボート」で映画デビューを果たします。

1947年には、山岳アクション映画「銀嶺の果て」を発表。

こちらの作品はあの有名な黒澤明監督と共同で脚本を手がけました。

谷口千吉さんの趣味である登山体験を活かした

北アルプスでのロケが高い評価を受けました。

趣味でやっていたことが高い評価を受けるなんて、才能ですよね!

そのあとにも、1949年「ジャコ万と鉄」、

1950年「暁の脱走」と立て続けにダイナミックで

ロマンチシズムな作品を連発で出しました。

そのこともあり、当時は黒澤明監督のライバルとしても

期待されるようになりました。

その後も「激流」「赤線基地」「潮騒」「裸足の青春」「嵐の中の男」といった作品を発表しました。

ですが、1950年代後半に女性問題が原因で東宝から3年ほど干されるといったことがありました。

まあしょうがないかもしれませんね。

谷口千吉さんは1960年になって映画界に戻ることはできましたが、

B級アクション映画や喜劇映画のみの仕事となってしまい、

監督作品の数は激減しました。

1971年には、日本万博公式記録映画の総監督を務めることになりましたが、

その後映画監督としての活動は続くことはありませんでした。

最後の仕事といえば、東アフリカのタンザニアを舞台に

日本青年海外協力隊の活動を描いた「アサンテサーナ」でした。

そして、2007年10月誤嚥性肺炎になり、

谷口千吉さんは95歳で他界されました。

八千草薫さんと谷口千吉さんは1957年にご結婚されて、

その後すぐに映画監督としての仕事が激減したということは。。

その間八千草薫さんの女優としての収入だけで

生活されてきたんでしょうか。。

[ad#adsense]

子供はいたの?

八千草薫さんと谷口千吉さんとの間には、お子さんがいるのでしょうか?

お調べしたところ、お子さんはいらっしゃらないようです。

それでも、お二人の夫婦仲はとても良くて

2007年に谷口千吉さんが亡くなるまで

とても仲が良かったそうです!

子供がいなかった理由はあったようで、

谷口千吉さんが幼い頃にマラリアにかかってしまったようで

子供が作れない体になってしまったようです。

八千草薫さんのプロフィールや経歴

では、ここで八千草薫さんのプロフィールと経歴をご紹介いたします。

芸名:八千草 薫(やちぐさ かおる)

本名:谷口 瞳(たにぐち ひとみ)

生年月日:1931年1月6日(現在88歳!)

出身地:大阪府天王寺市

身長:154センチ

血液型:O型

八千草薫さんは、子供の頃は身体が弱くすぐ病気になっていたそうです。

週に1・2回は学校を休んでいたこともあったとか。

そして、八千草薫さんは8歳の時に第二次世界大戦がはじまります。

八千草薫さんの家は空襲で焼けてしまったそうです。

戦争を体験したことで八千草薫さんは、華やかな世界に憧れを持ちました。

ということもあり、大阪私立プール女学院時代に新聞広告でみた

宝塚歌劇団の生徒募集に応募して見事一発合格!1947年に入団しました。

宝塚の試験はかなりの倍率ですから、

一発合格はかなりすごいことだと思います。

八千草薫さんは宝塚では、清純派の娘役として一世風靡し、

宝塚にいながら東宝映画にも出演していました。

その当時のお嫁さんにしたいランキングでは八千草薫さんは

常に首位になっていたそうですよ!

そんな八千草薫さんですが1957年に宝塚を退団。

その後は舞台や映画、テレビなどに出演していました。

テレビドラマなどでは、おっとりとした良妻賢母役が好評で、

多くの作品に出演されました。

「やすらぎの刻」ストーリーや八千草薫さんの役割は?

今回降板が発表された「やすらぎの刻」での八千草薫さんの役はどのような約だったのでしょうか

「やすらぎの刻」は、テレビ朝日系の帯ドラマ劇場枠で2019年4月~放送されるドラマです。

ストーリーとしましては、高級老人ホーム“やすらぎの郷”に住む

脚本家の菊村栄(石坂浩二さんが演じます)は、

以前ボツになったシナリオを思い起こします。

菊村栄はそのドラマをモチーフに今は亡き姫、

九条摂子(八千草薫さんが演じます)をモデルとして

最後の作品のシナリオ「道」をつづり始めます。

この菊村栄の作品は山梨のとある山間の村の養蜂農家が舞台で、

昭和初期から現代にいたるまでの80年間に渡る

壮大なスケールで描かれています。

その中で八千草薫さんは、菊村栄が描く作品の中の人物で

今回は登場します!

根来しの役として、登場します。役柄としては、

行き場のなくなったしのを根来アヤが家族として温かく迎えます。

薙刀が得意ということです。

八千草薫さんの降板に伴い代役として風吹ジュンさんが

発表されていますね。

終わりに

今回は、八千草薫さんについてお調べしました。

お若い頃から、人前に立つことを続けてきて今も変わらずご活躍されていて、

とてもかっこいい女性だと思いました。

わたしも八千草薫さんご出演のドラマたくさん思い出あります。

「赤い疑惑」とか

「茜さんのお弁当」

そして名作ドラマとして名高い「岸辺のアルバム」の

母親役。

今回ガン闘病が発表され

今後の体調なども気になるところです。

年齢的にも治療はお辛いことだと思いますが

なんとか乗り切ってまた

元気なお姿を拝見したいと希望します。

きょうも最後まで読んでいただきありがとうございました。

[ad#adsense]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク