海原万里(上沼恵美子の姉) 現在や本名は?夫や子供も調査!

こんにちは。

みなさんは海原千里万里をご存知ですか

女性芸人の先駆け的な存在のコンビでした。

海原千里・万里(うなばらせんりまり)は1970年代にブレイクし、

アイドル的な人気を誇っていた姉妹漫才コンビです。

ケーエープロダクションに所属していました。

1971年に海原お浜・小浜に入門していて、

既にデビュー予定だった万里が相方の失踪によって急遽姉妹漫才コンビを組みデビューすることに。

デビュー時は姉の万里さんが高校生、

妹の千里さんは中学生でした。

父親に言われて嫌々ながらの弟子入りで最初は

「OLのつもりでやってたんです。結婚相手が見つかったから

さっさと引退するつもり」と思っていたそうです。

ですがデビューした年に上方お笑い大賞銀賞を受賞するなど大ブレイク。

『漫才界の白雪姫』と呼ばれていました。

『スター漫才選手権』でアシスタントを担当していました。

当時は無名だった海原千里・万里でしたが、

司会を務めていたロイ・ジェームズさんが

「このコンビは絶対出世する」と言っていたそうです。

更に女流漫才コンビのほとんどを認めていないビートたけしさんが

海原千里・万里を「巧かった」と言っていて、

数々の大物芸能人にもその実力が認められていたようです。

歌も出していて、1975年にリリースされた

『大阪ラプソディー』は40万枚を売り上げるヒット曲でした。

現在でも大阪を歌ったご当地ソングの中で最も人気のある曲の一つです。

1976年に万里さんの結婚引退の噂が流れました。

相手は8歳年上の元漫才師で西川峰子さんの専属司会を務めていた

夢大作さんです。

売れっ子だった万里さんは忙しいスケジュールの合間をぬってデートを重ね、

12月に事務所の社長に「いよいよ来年は結婚したいと考えています。」と切り出していました。

千里さんはもともと歌手志望だったので

引退するか歌手に転向するか迷っているという報道も。

しかし、解散公演を2ヶ月後に控えていた

1977年2月18日に「千里さんが結婚」というニュースが流れました。

相手は関西テレビのディレクターの上沼真平さん。

1975年12月に初デートして以来、

月に2回ほどデートを重ねていたそうです。

所属事務所も知らなかったようで、

「私たちでさえも知らなかったんですよ。千里は一人でもやっていけるタレントだと思っていたんですが」とコメントを出しています。

そして千里さんの結婚を機にコンビを解散、

引退することになりました。

ですが千里さんは「主婦業が退屈」という理由で結婚2ヶ月後に

作詞家として復帰。

1978年には本名の『上沼恵美子』という名前でテレビに出演しています。

今回は妹の上沼恵美子さんではなく姉の海原万里さんをご紹介します。

スポンサードリンク

海原万里さんのプロフィール

名前:海原万里(うなばら まり)

本名:芦川百々子

生年月日:1949年11月29日

出身地:兵庫県三原郡南淡町

スポンサードリンク

経歴は

1971年に妹と漫才コンビ『海原千里・万里』を結成してデビューします。

1977年千里の結婚を機に海原万里さんも芸能界を引退し、

同年6月8日に海原万里さんも

コメディアンの夢大作さんと椿山荘で結婚しました。

1978年には長女を出産しています。

海原万里さんの学歴などの情報は出てきませんでした。

海原万里さんは高校生の頃にデビューし、

とても忙しい日々を送っていたので大学には進学していないと思われます。

海原万里さんの現在は神奈川県川崎市に在住していて

主婦として過ごしているようです。

夫や子供は?

海原万里さんの旦那さんの夢大作(ゆめ だいさく)さんは本名芦川秀朗。

出身地静岡県、生年月日1944年10月20日。

職業はコメディアン、競艇評論家です。

現在の仕事は競艇関係がメインで、

競艇番組などで活躍されているようです。

なんでも夢大作さんが海原万里さんにしたプロポーズが

とても素敵だったそうです!

電話でのプロポーズだったそうですが、

夢大作さんは万里さんに言葉をメモするようにつたえ、

「今のメモから“いろはにほへと”を抜いて!」と言って電話を切りました。

その“いろはにほへと”をぬいた文字は

ぼくきめたよめさんはももこ『僕、決めた嫁さんは百々子』

これを見た万里さんは号泣されたそうです。

思い出に残る素敵なプロポーズですね!

結婚した翌年に長女を出産されていますが

娘さんに関する情報は出てきませんでした。

娘さんは現在39歳なので結婚してお子さんがいるかもしれませんね!

終わりに

妹の上沼恵美子さんは親族・親類全員が反対する中での結婚でしたが、

2人の息子を授かり、2人とも現在は結婚して子供が生まれているようです。

上沼恵美子さんは「自分には専業主婦は耐えられなかった」と

引退翌年に芸能界に復帰しています。

紅白歌合戦の赤組司会を務めるなどの活躍をし、

2002年のタレント好感度ランキングでは3位になっています。

現在ではラジオや料理番組など様々な番組でタレントとして活躍されています。

2015年に約40年ぶりに姉妹でレコーディングに挑み、

歌手としてコンビを復活させました。

曲は結婚前の女心を歌った『ふたりの故郷』。

「千里・万里時代を思い出しました。緊張したけど楽しく歌えました」と満足げに語っています。

コンサートでも姉妹での共演が見られ、

2人の掛け合いトークや『海原千里・万里』の代表曲『大阪ラプソディー』なども披露されました。

漫才師『海原千里・万里』としての復活も期待されましたが、

上沼恵美子さんが「漫才復活はありません」と明言しています。

現在は家庭中心の海原万里さんですが、

たまに妹の上沼恵美子さんのコンサートや

テレビ番組で姉妹で共演している姿を見ることができます。

漫才師としての復活がなくても、

また新曲など出してほしいですね!

妹の上沼恵美子さんは芸能界のご意見番的な存在として

無くてはならない存在となっています。

海原万里さんは反対に家庭第一の生活のようです。

これからも姉妹仲良くお互いを行き来?

するような関係でいてほしいなと思います。

きょうも最後まで読んでいただいて

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク