鶴ひろみさんの離婚理由は?夫はどんな人だったの?心疾患があったのかも気になる!

こんにちは。
トミーです。

今朝、わたしの小さい頃から馴染みのある声優さんがお亡くなりになったという報道があって驚いています。

声優さんのお名前は「鶴ひろみ」さん

「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃんの声などで知られる声優の鶴ひろみさんが16日夜、首都高速上の車内で意識不明の状態で見つかり、死亡していたことがわかった。警視庁が死因などを調べている。

捜査関係者によると、16日午後7時半頃、東京・中央区の首都高速都心環状線でハザードをつけたまま停車している車が見つかった。

運転席に声優の鶴ひろみさんがシートベルトをつけたまま意識不明の状態で座っており、病院に搬送されたが、死亡が確認された。事故の形跡はなく、警視庁は病死の可能性があるとみて調べている。

鶴さんは「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃんや「ドラゴンボールシリーズ」のブルマなどの声優として知られている。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171117-00000017-nnn-soci

このニュースを聞いた時はショックでした。
わたしは昔放送されていた

世界名作アニメシリーズが大好きだったのですが

その作品の一つ

「ペリーヌ物語」で主人公のペリーヌの声を担当されていたんです。

この作品は「アンパンマン」よりもずっと前です。

たぶん鶴ひろみさんもまだ10代だったのではないでしょうか。

スポンサード リンク

11月16日に何があったのか

報道によると鶴ひろみさんはシートベルトをつけたまま首都高の環状線でハザードランプをつけたままの状態で意識を失っていたそうです。

急に身体の不調を自覚し運転していられなくなったと考えられます。

とにかく首都高ですから、

なにかあれば大きな事故につながりかねません。

鶴ひろみさんはとっさ道路の脇に車を停車したと思われます。

そこで、誰かに助けを呼ぶ事もできずにそのまま意識を失ったんでしょうか。

急激な意識を失う状況というとやはり

心疾患か脳疾患を疑います。

最近でも解離性大動脈瘤で意識を失い周囲の人々を事故に巻き込んで花壇につっこんでやっと停車したケースもありました。

死因はこれからの報道が待たれますが、これまでの持病なども気になります。

追記:11月17日

鶴ひろみさんの病名は

大動脈剥離であると発表されました。

弾力性がなくなりもろくなった大動脈に瘤(こぶ)ができて破裂したり、血管の壁が内側で剥離した状態になる。緊急に治療しないと命に関わるのが大動脈疾患だ。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6261551

緊急な病変だとしたら、助けを呼ぶまでもなく意識も亡くなったと思われます。

スポンサード リンク

鶴ひろみさんの経歴について

鶴ひろみさんは小学校2年生のころよりお姉さんと同じ劇団ひまわりに所属しました。

1968年にはドラマ「コメットさん」のオーデションを受け合格。

第63話の「妖怪の森」でデビューしています。

コメットさんの1968年というと大場久美子さんのではなく、初代のコメットさんですね。

わたしも小さい頃見ていました。

鶴ひろみさんは子役から活躍されていたんですね。

その後もテレビドラマや学習雑誌の表紙なども飾っていました。

子供服のファッションショーにも出演されていたそうだから

かなり可愛いお子さんだったと思われます。

わたしが好きで毎週楽しみにしていた「ペリーヌ物語」は

鶴ひろみさんが高校3年生の時にオーデションで合格してご出演されていました。

「ペリーヌ物語」のこと

わたしが今でも大好きな「ペリーヌ物語」

世界名作劇場の作品の中でもかなり地味な作品かもしれません。

世界名作劇上というと

「アルプスの少女ハイジ」

「フランダースの犬」

「あらいぐまラスカル」

「母をたずねて三千里」

「赤毛のアン」

「小公女セイラ」

など

今でもそのキャラクターがCMなどにも登場するほど愛されている

作品がたくさんありました。

「ペリーヌ物語」はたぶんラスカルの次あたりの作品だったと思いますが

鶴ひろみさん演じる主人公「ペリーヌ」がたった一人でフランスを旅し、

祖父の元にたどり着きますが自分の存在を認めない祖父に自分が孫だと名乗ることが出来ずに

そのまま祖父の経営する繊維工場で働きますが

ひょんなことから英語の通訳をすることになり、

孫だと知られないままどんどん認められるようになり、

とうとうお爺さんの秘書にまで出世しちゃうんですね。

ペリーヌがとにかく賢くて、

声もかわいくて大好きでした。

最終回間近でやっとお爺さんがペリーヌのことを「ひょっとして息子の子供なんじゃなか」と気がついて

密かに調査させて、ようやく孫だとわかり

名乗り合うシーンは今でも見ていて感動します。

この作品でわたしは鶴ひろみさんのことを知り、

その後もひそかに応援していました。

「ペリーヌ物語」以後は2年間声優さんとしての仕事はしていなかったそうですが

その後わたしのい記憶では

初代の超時空要塞マクロスという作品で

「キム」という女性の役を演じされていてい

「大人の役やるようになったな」

と声の変化も含めて思ったことをおもだします。

その後は声優として着実な実績を残された鶴ひろみさん

最近は「アンパンマン」ドキンちゃん役で有名でしたね。

わたしの好きだった実写版の「赤毛のアン」では

アン役のミーガン・フォローズの声も鶴ひろみさんが担当されていたそうです。

これも知りませんでした。

わたしは「赤毛のアン」のDVDも持っていますがこちらは毎回字幕で見ていました。

今度吹替で見てみます。

スポンサード リンク

鶴ひろみさんプロフィール

鶴 ひろみ(つる ひろみ)

1960年3月29日 – 2017年11月16日

旧芸名および本名は靏 ひろみ(つる ひろみ)

北海道生まれ

神奈川県横浜市出身

青二プロダクション所属

血液型はO型

神奈川県立鶴見高等学校卒業。

鶴ひろみさんの結婚と離婚について

鶴ひろみさんは1986年1月に声優の難波圭一さんとと結婚されていますが

その後離婚しています。

離婚理由についての詳細はわかりませんでした。また情報があれば追記したいと思います。

お子さんについては確認されていません。

元夫の難波圭一さんのプロフィールは

名前:難波 圭一(なんば けいいち)

生年月日:1957年8月26日

年齢:60歳

出身:山口県

血液型:AB型

そうですか。鶴ひろみさんは

難波圭一さんとご結婚されていたんですね。

難波圭一さんといえばわたしが一番に思い出すのは

名作「タッチ」の上杉和也役。

そう「たっちゃん」の双子の弟「かっちゃん」ですね。

双子でありながら弟のたっちゃんと違ってなんにでも真面目に誠実に取り組んで野球部でも1年生にしてエース上杉和也。

それもこれも幼馴染の南ちゃんを喜ばせるため。

難波圭一さん演じるかっちゃんは皆さんご存知とは思いますが

甲子園まであと一歩という地区予選決勝戦の当日に交通事故で亡くなってしまいます。

当時はアニメより前に原作のマンガを週間サンデーで読んでいたのでまさかまさかの交通事故に少なからずショックを受けたし

ちょっとなかだるみ気味だった「タッチ」が再び毎週楽しみになったきっかけになりました。

その後達也(たっちゃん)役だった声優の三ツ矢雄二さんはバラエティーなどでも活躍されるようになりました。

まさかあんなグレーゾーンな人だったとは。。

この「タッチ」には鶴ひろみさんもご出演されていました。

こういう共演がきっかけでご結婚されたのかもしれません。

鶴ひろみさんと難波圭一さんはその後離婚されていますが、

難波圭一さんは荘真由美さんと再婚されています。

荘真由美さんといえば「美味しんぼ」の主人公

山岡士郎の相棒「栗田ゆう子」役が有名です。

難波圭一さんは声優業のみならず、後進の指導なども行っていて、

「ドラえもん」の「のび太」役の大原めぐみさんは難波圭一さんが主催する養成所のご出身だそうです。

難波圭一さんはアニメ、洋画の声優のほか「伊東家の食卓」のナレーション

またテレビドラマへもたくさんご出演されています。

終わりに

昔からアニメが好きでその声優さんにもずっと注目していました。

この歳になって小さい頃に好きだった声優さんの訃報が続きさみしく思います。

鶴ひろみさんのご冥福をお祈りします。

きょうも最後までよんでいただいてありがとうございました。

スポンサード リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする