富岡長子氏(富岡八幡宮司)の経歴や家族は?トラブルの原因は?

こんにちは。

わたしはわたしの住まいの直ぐ側で

怖い事件が起きてしまいました。

場所は東京都江東区富岡。

住まいにこの場所を決めたのは

近くの富岡八幡宮がともて気に入ったからです。

その毎日近くにあってお守りのような存在だった神社でこのような恐ろしい事件がおこるのは

とても残念なことです。

以下事件概要

7日午後8時半ごろ、東京都江東区富岡の富岡八幡宮の敷地内で、通行人から「複数の人が血を流して倒れている」と119番通報があった。警視庁深川署などによると、男女4人が緊急搬送され、女性宮司のほか、1人の死亡が確認された。

捜査関係者によると、他に1人が意識不明の重体。女性宮司の運転手の男性も軽傷を負った。いずれも富岡八幡宮の関係者とみられるという。

同署や複数の捜査関係者によると、現場には血液が付着した日本刀とサバイバルナイフが残されていた。被害者は日本刀で斬(き)りつけられた可能性がある。

死亡が確認された男の腰には、サバイバルナイフの鞘(さや)があった。同署は死亡が確認された女性らが何らかのトラブルを抱えており、事件に発展した可能性があるとみている。

富岡八幡宮は江戸時代初期に創建され、江戸3大祭りの一つ「深川八幡祭り」が開催されることでも知られている。今年には宮司就任をめぐるトラブルから、神社本庁から離脱したことでも話題となった。

近くに住む30代の男性は「神社でこんな事件が起きるとは…」と絶句した。

http://www.sankei.com/affairs/news/171207/afr1712070055-n1.htmlより

この死亡した女性宮司

富岡長子さんはどのような人物なのか

調べてみたいと思います。

スポンサード リンク

富岡長子さんの経歴と家族

富岡長子さんの詳細な経歴はまだ明らかになっていません。

年齢は58歳。

富岡長子さんは前宮司の娘さんのようです。

富岡長子さんには妹さんもいらっしゃるようですが、

妹さんについては氏名や年齢はわかりません。

追記

その後も報道で容疑者とされる人物が富岡長子さんの実弟である

ということです。

富岡茂永容疑者で56歳。

富岡茂永容疑者も死亡しています。

自殺のようです。

スポンサード リンク

ご結婚は?

富岡長子さんがご結婚されているのか、

お子さんがいるのかも

まだわかっていません。

追記:12月10日

富岡長子さんは一度ご結婚してその後離婚されています。

お子さんについては不明ですが

後継者の件でお子さんの話題が無いので子供は

いないと思われます。

神社内でトラブル?

今回の事件についての詳細はがまだわかっていませんが

富岡八幡宮の神社内でのトラブルが原因と見られています。

いろいろと調べると

富岡長子さんが富岡八幡宮の宮司になるに

あたりトラブルらしきものがあったようです。

さらに

富岡長子さんは自身のブログの中で

最近神職の集まる飲み会で

一部の神主には

セクハラ、パワハラ。ネグレクト、嫌がらせ

が当たり前のように横行している。。

と訴えているのです。

富岡長子さんご自身がされた、

セクハラについても詳しく書かれていて、

それを止めるどころか擁護し助長させるような

ほかの参加者の発言があったと告白。

そして

神主と呼ばれる人達は、自分だけが可愛い、ズルくて卑怯で弱虫な人種なのです。

とも述べています。そしてブログの最後に

次回同じことがあったら実名で公表します

と締めくくられています。

このような告発文に近いブログを更新したあとに

富岡長子さんは事件に巻き込まれてしまいました。

宮司にまつわるトラブルとは?

2017年8月に富岡八幡宮は

全国の神社を統括する神社本庁から離脱したのです。

その理由が

先代宮司が退任し、2010年に娘の富岡長子氏を宮司にするよう神社本庁に具申。ところがその後、数度の具申にもかかわらず、発令はなかったという。

「地元の総意を本庁がくもうとせず、6年以上も放置するのはどうなのか。理由を照会しても、正面からの回答はなかった。今の本庁との信頼関係が失われた。当社は多くの氏子に支えられ、離脱のデメリットも考えにくい」と話す。

http://www.asahi.com/articles/ASKBC34XWKBCUTIL008.htmlより

ということなんですね。

こういう神職という特別な世界のことは

わかりませんが、

しがらみはどこよりも強そうです。

この宮司という役を担ったことで

今回の事件に発展してしまったのか。

さらに不動産をめぐるトラブルもあったようです。

日本を代表する神社ですから

どうしてもお金に関してはついて回るのかもしれませんが。。

追記

宮司職を巡って

弟である富岡茂永容疑者とトラブルになっていたそうです。

もともと2010年に宮司を名乗った富岡長子さんですが

怪文書をまかれるなどの嫌がらせを受けていたとか。

2006年には一度富岡茂永容疑者は逮捕もされていました。

富岡長子さんの200m以内に近づかないことという

命令も出されていたそうですが

結局どんな法的な拘束を持ってしても

富岡茂永容疑者の凶行を止めることはできなかったということですね。

終わりに

2わたしは毎日富岡八幡宮にいる神様に

守っていただいていると

感謝しながら生活しています。

この場所に住むことができて

生活のなかでいろいろなことがあっても

なんとか乗り越えていけてるし

これも神様に守られているからかな~と

思って安心して生活していました。

富岡八幡宮は江戸時代に創建されて、

に江戸3代祭り「深川八幡祭り」も

地元の大切な行司です。

3年に1度大祭と呼ばれる

とても大きなお祭りが開催されて、

ものすごく賑わいます。

まさかこのような身内でのトラブルが起こっていたとは

知りませんでしたし、

地元の信者のみなさんにとってもショックな事実です。

毎年地元の個人や企業から多額の寄付も受けているはずです。

わたしもお賽銭やおみくじなど

富岡八幡宮には少なからずお金を落としています。

これまでのお礼と思って納めて来ました。

地元の人々の支えがあって成り立っている

はずなのに、大事なことを忘れてしまっていたかもしれません。

今後お祭りやその他の神社の行事も今後どうなるのか心配です。

何より富岡八幡宮が存続できるのかもわからないですよね。

詳細な理由かはわかりませんが

安心して神様にお願いしたりお礼が言えたり

そんな心の拠り所となる

富岡八幡宮に早く戻ってくれることを

願っています。

追記12月10日

その後、被害者でる富岡長子さんと実弟の富岡茂永容疑者に関して

スポンサード リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする