谷真海(トライアスロン)の夫や子供は?これまでの経歴も調査!

こんにちは。

皆さんは平昌オリンピックをご覧になりましたか?

羽生結弦選手が2連覇を達成、カーリング女子が初のメダル獲得、

スピードスケートの高木姉妹が2人で5つのメダルを獲得など日本人選手が大活躍しましたね!

日本のメダル獲得数は過去最高の13個!!

連覇した羽生選手が国民栄誉賞を授与されるという素晴らしいニュースもあり、

日本中から歓喜の声があがりましたね。

特に私は女子フィギアスケートでとても感動しました!

宮原知子選手、坂本香織選手は惜しくもメダル獲得には至りませんでしたが、

自己ベスト更新の素晴らしい演技を見せてくれました。

そして、ロシアのメドベージェワ選手、ザギトワ選手の完璧で美しい演技にはとても魅了させられましたね。

オリンピックは自国の選手はもちろんのこと、他国の選手まで応援したい気持ちにさせられます!

平昌オリンピックは終わりましたが、平昌パラリンピックが3月9日に開幕です。

パラリンピックでも日本人選手の活躍に注目ですね!

2年後の2020年にはついに東京オリンピックが開催されます!!

東京での開催は1964年以来56年ぶり2回目となります。

オリンピックが身近に感じられ、より応援にも力が入りますね。

自国開催ということでメダル獲得もこれまで以上に期待がかかるのではないでしょうか!

今回は日本の女子陸上選手として出場のパラリンピック選手の谷真海さんについて調べてみました!

スポンサードリンク

谷真海さんのプロフィール

名前:谷真海(たに まみ)

生年月日:1982年3月12日

出身地:宮城県気仙沼市

職業:陸上選手、トライアスロン選手、

尚美学園大学と日本福祉大学の客員教授

会社:サントリーホールディングス株式会社

競技種目:走り幅跳び

スポンサードリンク

経歴について

中学生のときに陸上競技を始めます。

仙台育英学園高等学校を卒業後、早稲田大学商学部へ進学し、

応援部チアリーダーとして活動していました。

大学在学中の2001年、谷真海選手が19歳の時に足の痛みが続き、

病院で精密検査を受けた結果、

悪性骨形成性腫瘍で骨のガン『骨肉腫』と診断。

右足の温存を希望していた谷真海選手でしたが、

ガンの進行状況から命に関わるとして、

やむなく2002年4月に右足膝以下を切断。

谷真海選手は20歳で義足の人生を余儀なくされました。

その後治療と水泳でのリハビリを継続し、

2003年1月からスポーツを再開できるようになりました。

そして陸上競技でのパラリンピック出場を目指して卒業後にサントリーへ入社します。

【大会成績】走り幅跳び

2004年 アテネパラリンピック 3m95cm 9位

2005年 パラリンピック ワールドカップ(イギリス) 4m14cm 4位

2006年 パラリンピック ワールドカップ(イギリス) 4m11cm 銅メダル

2007年 パラリンピック ワールドカップ(イギリス) 3m75cm 4位

2008年 九州チャレンジ陸上競技大会(熊本) 4m46cm 日本記録更新

2008年 北京パラリンピック 4m28cm 6位入賞

2012年 ロンドンパラリンピック 4m70cm 9位

2013年 ブラジルサンパウロ大会 5m02cm 日本記録更新

国際パラリンピック委員会世界選手権 4m70cm 銅メダル獲得

2014年以降はトライアスロン選手として活躍されています。

2017年 パラトライアスロンの世界シリーズ横浜大会女子 優勝

パラトライアスロン世界選手権 優勝

世界パラアスロンシリーズ 優勝

世界パラアスロンシリーズ最終戦 優勝

谷真海選手は競技選手、サントリーと会社員として

次世代育成プログラムの運営に取り組む他、

障害者スポーツの理解と支援を広げる活動として

講演やイベント出演を行っています。

また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの招致の際には

プレゼンターとしてオリンピック招致に貢献しました。

夫はどんな人?

谷選手は2014年9月7日に電通の社員と結婚して、

旧姓の佐藤真海から谷真海になりました。

2015年1月11日にハワイで結婚式を挙げられています。

旦那さんのお名前は谷昭輝さん。

読み方は“あきてる”さんでしょうか?

年齢は谷真海選手の1歳上という情報がでてきました。

谷昭輝さんは大学卒業後に自動車会社に入社、

企画業務を担当しました。

その後2007年に電通に入社しました。

様々なブランド戦略開発、企業ブランディング、

CI/VI開発などのコンサルティング・プランニングからキャンペーン戦略の開発まで、

幅広い業務を担当されているようです。

更に、オリンピックやパラリンピックについていろんな記事を書いたり、

講師をしたりもしているそうです。

旦那さんもパラリンピックに携わった仕事をされていたんですね!

2人の出会いはその辺の繋がりかもしれませんね。

子供について

2014年9月7日に入籍されてから1ヶ月後に谷選手の妊娠が発覚しました。

そして、2015年4月27日に第一子となる長男を出産。

子供の名前などのプロフィールは公開されていません。

長男は現在2歳。男の子ですからとてもやんちゃで手のかかる時期ではないでしょうか。

それなのに、育児、仕事、競技…。

なかなか並の精神力では出来ないことです。

谷選手は出産後に走り幅跳びからトライアスロンの選手に転向されています。

その理由については…

「瞬発系の競技である走り幅跳びを10年間続ける中で、

年齢が上がっても続けられる次のスポーツとして持久系のパラトライアスロンを考えていました。

以前からクロストレーニングにロードバイクを取り入れたり

気分転換にトライアスロンの大会に出場したりしていたので、自然な流れでした」

と語っています。

最初から産後スポーツ選手として復帰すると決めていたわけではないようで、

「常に迷いながら、子供が1歳になって落ち着いてきたころやっと、もう一度頑張ろうと心が決まった」

出産後に仕事に復帰する女性たちと変わらないと話しています。

産後の体の変化も考えると、スポーツ選手として復帰することは容易いことではないのにすごいですよね!

今後の目標については、パラリンピックでのメダル獲得だということです!

2017年に出場しているパラトライアスロンの大会で

4度も優勝されているので東京パラリンピックでのメダル獲得には

大いに期待できるのではないでしょうか!!

「スポーツは人を前向きな気持ちにさせてくれるから好き。

私の今の目標は東京2020パラリンピックでのメダル獲得ですが、その後もずっと、

都度目標を変えながらスポーツを続けていくでしょう。終わりなくチャレンジできる。

それがスポーツの素晴らしさですね」

終わりに

若くして骨肉腫という病気を発症し、

右足を切断するという決断をした谷選手。

逆境にも負けず、様々な大会で素晴らしい記録を打ち出してきました。

出産して母になり、育児と会社員と競技に忙しい毎日を過ごされているなか

2020年の東京パラリンピックを目指して奮闘されています。

過去3度のパラリンピック出場経験がありますが、

パラトライアスロンの選手としてパラリンピックを目指すのは

東京パラリンピックが初めてとなります。

2017年にパラトライアスロン選手権で優勝されるなど

好成績を収められているのでメダル獲得に期待がかかります!

2020年の東京パラリンピックではパラトライアスロン選手の谷真海選手に大注目です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク