スローカロリーダイエットとは?効果や方法をチェック!

こんにちは。

みなさんはダイエットの経験はありますか?

太りやすい体質だったり、出産後に体重が戻らなかったり、

体重管理で悩んだことのある人は多くいるのではないでしょうか。

現在ダイエット方法を検索するととてもたくさんの情報が出てきて、

どんなダイエット方法が一番自分に効くのか悩んでしまいますよね。

そこで今流行っている『スローカロリーダイエット』をご紹介します。

スポンサードリンク

スローカロリーダイエットとは?

糖質をなるべく取らないようにして痩せようとする

糖質制限ダイエットが最近定着しています。

しかし、糖質は人間の体にとってとても大切な栄養素です。

糖質は血糖値を一定に保つために大切な働きをしています。

更に、脳・中枢神経系・血球などは

ブドウ糖以外からエネルギーを得ることができません。

つまり、糖質が不足してしまうとエネルギー不足となって

集中力が低下してしまうことがあるのです。

そこで最近話題になっているのが、

糖の量ではなく“質”に注目した『スローカロリーダイエット』です

『スローカロリーダイエット』は消化吸収に時間をかける方法です。

このダイエット方法を実施すると、

糖質が体内にゆっくりと供給されるので、

長時間満腹感を感じやすくなります。

糖質を全く取らずにダイエットするのではなく、

質の良い糖質を摂取して痩せるのが『スローカロリーダイエット』です。

スポンサードリンク

効果はあるの?

スローカロリーなものを食べるとどのような効果があるのでしょうか?

まず、スローカロリーとは逆の『ファーストカロリー』について調べました。

『ファーストカロリー』とは消化吸収速度が速く、

すぐにエネルギーになるものです。消化吸収が速いと、

摂取後に身体が一時的な栄養供給過多になり、

すぐに血糖値が下がり、今度は栄養不足になってしまいます。

ファーストカロリーの食品を繰り返し食べることで、

「栄養過多と栄養不足を繰り返す」ことになるのです。

血糖値が上昇するとインスリンというホルモンが分泌され、

脂肪を蓄えやすくなってしまいます。

更に生活習慣病や身体の不調の原因にも。

・満腹感が持続しない

・内臓脂肪が増加

・糖尿病、高血圧、動脈硬化といった疾患を招く

ファーストカロリー食品にはこのようなデメリット発生します。

これに比べてスローカロリーの食品は消化吸収がゆっくりになるので、

・集中力、満腹感が持続する

・内臓脂肪が付きにくい

・血圧が下がる

といったメリットがあります。

食事量を制限して空腹を我慢するダイエットよりも、

満腹感を持続させるダイエットの方が長く続けられそうですね!

更に、スローカロリーの食品を食べると緩やかに血糖値が上昇し、

降下も緩やかになります。

糖尿病発症のリスクが下がるといった健康面でも良い効果が得られるのです。

スローカロリーダイエットは食事の仕方も重要になります。

・野菜などの食物繊維が多い食べ物を先に食べる

食物繊維の多いものを摂取すると消化吸収がゆっくりになります。

野菜やナッツ類を最初に食べ、

炭水化物は最後に食べるといいです。

・食事をゆっくりと食べる

ゆっくりと食べることで消化もゆっくりになりますし、

よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されてより満腹感が得られます。

食べていいもの悪いもの

ファーストカロリーな食品は…

菓子パン、おにぎり、うどん、スナック菓子など、食物繊維が少ない食品です。

これらは多くの人が毎日食べているものではないでしょうか?

では、『スローカロリーダイエット』に向いている食品はどのようなものがあるのでしょうか。

食事の最初に食べるのは食物繊維の多い野菜や豆、海藻、きのこなどがいいでしょう。

そして玄米や五穀米、全粒粉パンを選んでください。

「食事の回数が増えると太る」と思っている人が多いので

ダイエット中はおやつが食べられないと思いがちです。

しかし、食事の回数が多いからといって太るというのは間違いのようです。

1日の食事回数が4回未満の人と6回以上の人では

6回以上食事をしている人の方が肥満度が低いというデータが出ています!

食事回数を増やすことで1回の食事量が減り、

空腹時にどか食いしないことと血糖値の急上昇がないことが理由のようです。

おやつを選ぶポイントは甘いだけではなく、

しっかりとビタミンやミネラルなどの栄養素が取れるもの

であること。

食事だけで足りていない栄養素をおやつで補うと考えましょう!

ドライフルーツや素焼きナッツ、

無糖ヨーグルトなどがおすすめです。

しかし、おやつの食べ方にも注意が必要です。

・空腹になる前に食べること

空腹状態になってからおやつを食べてしまうと血糖値があがってしまうので空腹になる前に食べるといいです。

・おやつのカロリーは200kcal以内

・夕食は少し減らす

日本で言うところの「腹八分目」ということですね。

食べる時の注意点は?

スローカロリーだからといってもちろん食べ過ぎには注意が必要です。

空腹を感じる前におやつを食べ、夕食はいつもと同じ量を食べてしまうとカロリーオーバーになってしまいます。

スローカロリーダイエットのポイントは

・消化吸収がゆっくりなものを選ぶ

・食べる順番を工夫する

・よく噛んで食べる

糖質制限ダイエットや食事制限ダイエットより

健康的に痩せることができる『スローカロリーダイエット』ですが、

やり方を間違えてしまうと逆に太ってしまうことがあるので注意しましょう!

終わりに

過度な食事制限でのダイエットで体調を崩してしまう人も少なくない中、

健康的に痩せることができるということで話題になった

『スローカロリーダイエット』。

このダイエットではおやつも栄養豊富なものであれば食べることができ、

精神的なストレスも少ないダイエット方法です。

毎日の食事の白米を玄米や五穀米に変えたり、

食事の初めに酢の物を食べたり。少しの工夫で

『スローカロリーダイエット』を行うことができます。

血糖値の上昇も緩やかにすることができで糖尿病の防止にもなりますし、

食物繊維がたくさんはいっている食品を食べることで便秘の改善にもつながります。

食欲の秋で食べ過ぎてしまった方、産後体型がなかなかもどらない方、

辛い食事制限でなかなかダイエットが続けられなかったという方も

この『スローカロリーダイエット』に挑戦してみてはいあかがでしょうか!

日本人は主食いわゆるご飯は食事には欠かせないものですし、

ご飯こそ、少量でも案外満足感の得られる食材だと最近気が付きました。

食べる順番や量を少し気をつけるだけで無理なく健康的な食生活を実現できます。

あと、水分もきちんと取るようにしましょう。

冬場はあまり喉も渇きませんが、やはり身体の乾燥は夏場と同様です。

水分を摂取することは腸の刺激にもなり便秘の予防にもつながります。

そして時間に余裕を持って食事を摂ることも大切です。

時間が無いと一気食いしちゃって結局良くありませんからね。

何事もそうですがmいつでも心に余裕を。

ダイエットに取り組むには週末など自分が仕事などない

休日に始めると良いと聞いたことがあります。

その方が余裕を持ってダイエットに向き合えるから。。

まずはそんなところからダイエットに取り組んでみてはどうでしょう。

きょうも最後まで読んでいだたいてありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク