杉山絢子医師(がんコンシェルジュ)の活動内容や経歴について調べてみた!

こんにちは。

みなさんの周りにはガン闘病中の方はいますか?

または自分自身がガンの治療中という方もいらっしゃるかもしれません。

日本人の死因ではガンが1位です。

なんでほとんどの日本人は

がんコンシェルジュとは

日本では2人に1人が癌にかかり、

3人に1人が癌で死亡すると言われています。

がんを初めて経験する人やその家族は漠然とした不安から始まり、

その先にどんな出来事や生活の変化がわからなくなってしまいます。

そんな日本人にとってとても身近な癌という病気に

自分や家族がかかってしまったときサポートをしてくれる

『がんコンシェルジュ』について調べてみました!

『がんコンシェルジュ』は自分や家族ががんにかかったときに

1人1人の価値観に沿ってサポートを行ってくれるサポート役です。

その活動内容は、病気や医療に限らず、生活を含め、心の問題、

仕事やお金のこと法律的な問題など幅広く対応してくれるというものです。

がんになった時に発生する問題は医療の域に留まらず、

介護や福祉、心・生活・経済の領域など多岐にわたることが多いのです。

そのため、心理・法律・保険・美容・教育などの多様な分野の

総合的なサポート、その人の状況に合わせた個別サポートが必要です。

がんコンシェルジュを行っているのはもともと

ソーシャルワーカーや医療関係者、カウンセラーなど傾聴スキルを持った人達です。

その人たちが多面的・中面的な視点での情報・サービスの提供を行うために

医療関係者や法律家など複数人の専門家がチームとなって

価値観に沿った選択肢を提案してくれます。

がんコンシェルジュは『気軽・安心・充実』をモットーにして、

自己選択・自己決定のサポートをしてくれる、

『がん』にまつわるあらゆる要望を承るコンシェルジュ。

相談者の気持ちを受け止め、

その人の価値観に沿って有用な情報やサービスに橋渡しをする仲介役なのです!

スポンサードリンク

メンバーはどんな人?

がんコンシェルジュのメンバーをご紹介します!

・杉山絢子さん

現在は腫瘍内科医として活動されています。

医師として1000人以上のがんの方の人生に関わった経験があります。

どんなことを病院に聞いたらいいのか、

どうやって病院や医師との関係を築いていったらいいかなどのアドバイスをしてくれます。

・清水純子さん

弁護士として活動されています。

法的サービス全般に対応してくれて、疑問点についてのアドバイス、委任状を受けて代理人としての活動もしてくれます。

1.もしもの時に備え、遺言や生前贈与などの対策

2.経営している会社を引き継ぐ準備

3.判断能力がなくなったときのための成年後見制度について

4.認知していない子がいるが認知しておきたい

5.がんと診断されたことを原因として解雇されそうだが復職したい

6.闘病期間中の住宅ローンや借金について

7.借金が残ってしまいそうだが相続しなければいけないのか

などの相談ができます。

・市毛智子さん

弁護士として活動されています。

1.夫婦や親子関係に関すること。高齢の方、障害のある方の財産管理に関すること。相続や遺言のこと。

2.会社との関係に関すること。上司や同僚との関係に関すること。

3.会社、個人の債務の整理に関すること。契約書のチェック。

などを相談することができます。

・山腰真史さん

カウンセラーとして活動されています。

1.家族生活相談

2.困りごとの整理

3.不安な時のお話相手

など、がんを患った方を持つ家族の立場で親族の闘病やカウンセラーとしての相談で経験したことを活かしたカウンセリングを提供してくれます。

・佐々木啓さん

行政書士として活動されています。

1.国民健康保険や介護保険に関する手続き

2.生活保護や困窮自立支援の支援

3.特定疾患や難病に関する手続き

4.遺言や相続に関する手続き

など、市区町村役場での手続きや届け出に関するお手伝いをしてくれます。

・辻栄麻希さん

ピアサポーターとして活動されています。

自身のがんにかかった経験・体験を活かして、心のサポートをしてくれます。

・笹島かなみさん

暮らし方アドバイザーとして活動されています。

1.暮らし・家事全般に関する困りごとのアドバイス

2.モノの配置・量の見直し、工夫についてのアドバイス

・五十嵐慶子さん

美容師として活動されています。

治療中の重い心をおしゃれで気分転換させてくれます。

・千葉直紀さん

中小企業診断士として活動されています。

スポンサードリンク

相談までの流れ

相談方法は、メール、テレビ電話、

対面での面談など好きな方法で選択可能です!

まず、メールか無料相談フォームで問い合わせをして、

専用の担当者が日時調節をしてくれます。

費用はかかるの?

現在無料相談を実施しているようです!

相談方法はメール・電話・テレビ電話・対面での面談。(電話の場合は通話料のみの負担)

その後専門家に紹介するときには、紹介先によっては別途費用がかかるようです。

http://can-net.jp/がんコンシェルジュ

代表の杉山絢子さんとは

杉山絢子(すぎやま じゅんこ)さんは

一般社団法人『CAN net』の代表理事で医学博士、がん薬物療法専門医です。

2002年に北海道旭川医科大学を卒業。

北海道の地方医療を経験したあと、

がんの化学療法を勉強するために国立がん研究センター東病院化学療法化のシニアレジデントを修了しました。

現在は腫瘍内科医として北海道で働く一方で

『CAN net』の代表として「がん・病気になっても自分らしく生きられる社会」を目指して様々な活動をされています。

自身は17歳から潰瘍性大腸炎という病気を患っていて、

父親は55歳のときに肺がんで他界されています。

自分も病気を患い、さらに肉親のがん闘病の経験やさまざまな患者さんとの

かかわリの中で自分の使命としてこのがんコンシェルジュを立ち上げたんですね。

終わりに

がんは日本人の2人に1人がかかると言われていてとても身近な病気です。

自分や家族ががんにかかった時に不安な気持ちや様々な疑問を

どこで解消したらいいのか困ったときに『がんコンシェルジュ』を使ってみてください!

がんコンシェルジュでは弁護士や医師などの専門家や実際がんにかかった経験のある方々が対応してくれます。

メンバーには美容師などもいるので医療の相談に関わらず、おしゃれをして気分転換をしたいという要望にも答えてくれます。

現在無料相談をやっているので気軽に相談してみてください!

こういう相談期間がもっと増えて、たくさんの人が利用できるようになるといいですね。

きょうも最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク