杉井志織の夫や子供は?年齢や経歴についても調査!

こんばんは。トミーです。
みなさんは、園芸などは興味はありますか?
わたしは実家に帰るとあれこれ植えたりしていますが

最近はあまり手入れができないので
園芸用品が庭の隅に置き去りにされています。

夏場は庭の雑草の処理だけでも大変なんで
やはり手軽なコンテナや鉢植えでのお花の栽培が
いいかなろ思います。

きょうはテレビでご活躍の園芸科杉井志織さんについてご紹介したいと思います。

杉井詩織さんプロフィール

名前:杉井志織(すぎいしおり)

生年月日:1972年8月12日

出身地:埼玉県

血液型:B型

出身校:日本フラワーガレッジ

職業:園芸研究家

建築の専門学校を卒業後、日本フラワーガレッジに入学し、植物の生態やディスプレイ、アレンジメントなどを学んでいます。

卒業後は赤坂アークヒルズのアシスタントガーデナーとして活躍。

現在はNHK「趣味の園芸」に講師として出演したり、

流通センター駅前・お台場海浜公園などの花壇ボランティア運営指導をしたり、イベントの装飾や執筆活動なども行っているようです。

また、全国花き品評会鉢植え部門 シクラメン部門審査員、ジャパンフラワーセレクション選考審査員も務めています。

著書について

・はじめての小さな庭

・とっておきのインドアガーデニング (365日すぐにできるプチガーデニング)

・はじめてのコンテナガーデン101 四季折々の寄せ植えデザイン集

すぐに始められるようなコンテナガーデン関係の著書が多いようですね。小さな範囲から園芸を始めるのは初心者向きかもしれません。

年齢について

2017年現在の杉井志織さんの年齢は45歳です。
外見は40代後半には見えないとても綺麗な方ですね!

結婚や夫について

杉井志織さんの結婚や夫についての情報は出ていないようです。

ブログにはご自身が育てたハーブを使った料理を紹介していて、とても家庭的な雰囲気を感じられます。

とても綺麗な方ですし、年齢的にも結婚されていてお子さんがいるのではないかと思われます。

情報では杉井詩織さんの師匠である杉井明美さんの息子さんと以前ご結婚されていたようです。

すでに離婚されたのか?詳細はさだかではありませんが、

もし離婚していたんだとしたら旧姓にもどさずにそのまま杉井姓で仕事を続けているのかもしれませんね。

子どもはいるの?

杉井志織さんの子供についての情報もあまり出ていないようです。

しかし、「子供を持ってみて植物の【お世話】することと【育てる】ことの違いがわかった」

と杉井志織さんが話していたという情報が出てきたので、お子さんがいるのではないかと思われます。

しかし、ネットにはこの程度の情報しか出ていなく、実際のところお子さんがいるのかいないのか確証はありません。

ですが、杉井志織さんはとても家庭的な面も見えますし、とても綺麗でいつもニコニコしているイメージがあり、

子どもがいるのであれば「いいお母さん」なのではないかと想像できます。

園芸について

杉井志織さんは社会に出て働くようになるまでは全く園芸に興味関心がなかったといいます。

そんな杉井志織さんが園芸と関わるようになったきっかけは、高校卒業後に建築関係の仕事を目指して進学した専門学校でのことでした。

学生食堂の設計課題が出た際、緑あふれるような食堂を計画し、ジャングルのような設計図を書いていたそうです。

先生に「葉っぱを適当に埋めればできたと思うな」と注意されたことから、植物についての知識が全くないことに気づいたそうです。

そこで、知識がないのであれば自分で勉強するしかないと、切り花の教室に通い始めたのが植物と触れ合うようになったきっかけだといいます。

切り花教室の先生の勧めで、より深い知識や感性を学ぶために日本フラワーガレッジに通い始めます。

卒業後は切り花専門店に就職しています。

現在の仕事に繋がるきっかけとなったのは、鉢植え専門の花屋を一緒にやろうと誘われて出会った“コンテナガーデン”だといいます。

このコンテナガーデンとは、鉢などの容器で花や緑を楽しむことです。

ベランダや庭、玄関など、色々な場所において楽しむことが出来るコンテナガーデンは、花壇と組み合わせたり、

立体的に演出したりと工夫次第で可能性が広がります。

このコンテナガーデンから始まり、都市のビルの屋上緑化に携わるようになったようです。

杉井志織さんは現在、イベントの装飾や園芸教室などの仕事のかたわら、

東日本大震災で浸水被害を受けた中学校に花壇を造るボランティアを続けているそうです。

植物は本当に人の心を癒すことが出来るといいます。形が見えるからこそ、癒しや喜びを与えられれる仕事なのだそうです。

園芸に興味のある方は、杉井志織さんのブログや本を読んでみてはいかがでしょうか!

最後に

なかなか園芸について学びたいと思っていても、ついつい自己流でやったりしますよね。

また園芸について学ぶってとても贅沢な気がしますが、基本的なところを知っているとコンテナで育てるだけでもとても楽しくなります。

杉井詩織さんの著書やNHK[趣味の園芸」などを参考に一歩進んだ園芸タイ夫を楽しんでみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでいただいてありがとうごいました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク