三枝成彰の妻や娘は?借金の額や病気についても気になる!

こんにちは。トミーです。

きょうは作曲やの三枝成彰さんについてです。

三枝成彰さんといえば、イケメン作曲家という印象ですが、

実は自分の親と同世代の方だたんですね。

現在の様子やご家族についてなど紹介したいと思います。

スポンサードリンク

三枝成彰さんプロフィール

名前:三枝成彰(さえぐさしげあき)

生年月日:1942年7月8日

出身地:兵庫県西宮市

職業:作曲家

事務所:メイ・コーポレーション

三枝成彰さんは生後間もなく東京都に移り、千葉県や神奈川県を転々として育ちました。

1946年から父親の勧めでピアノを習い始め、1951年桐朋学園の子供のための音楽教室に入ります。

和光学園小学校・中学校・高校を経て、1962年に東京藝術大学音楽部作曲科に入学しました。

1965年の大学在学中に安宅賞を受賞しています。

1966年に作曲科を首席で卒業、1971年に大学院修了、1987年から東京音楽大学客員教授になります。

1989年に「三枝成章」だと出世しない画数だと姓名判断で言われたことから芸名を「三枝成彰」にしています。

三枝成彰さんの父は「NHKのど自慢」を発案したNHKの音楽番組のディレクターで音楽評論家の三枝健剛さんです。

3歳下の弟はNHKのドラマ演出家・映画監督の三枝健起さん。

1980年代半ばからは、「11PM」「CNNデイウォッチ」など、テレビ司会者、キャスター、コメンテーターとして表舞台に露出するようになり、タレントとして活躍の幅を広げています。

1991年には国際モーツァルテウム財団の委嘱で、モーツァルト
の未完の曲「ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのための協奏交響曲イ長調」を補筆・完成させました。

スポンサードリンク

子供時代のエピソード

「突き指をしてはいけない」と野球は父親に禁止されていたそうです。

男子と遊ぶのが苦手だったため、女子と着せ替え人形やおままごとをして遊んでいたといいます。

父親に学校を休まされてクラシックやオペラのコンサートに連れていかれたとか。

不良の音楽(ジャズなど)を聞かないようにと家にラジオがなかったそうです。

三枝成彰さんは厳しい父親の元、育ったようですね!

中学時代には新聞部に所属、炎天下で取材していて日本脳炎になって入院したことがあるとか。後遺症が残らなくてよかったです。

高校時代には女の子にふられてヤケ酒を飲み、急性アルコール中毒になっています。

3年生のときには学生運動に参加して国会議事堂の前で夜を明かしたこともあるようです。

かなりまっすぐな性格というか。目の前のことに必死で取り組んでいたんでしょうね。

私生活の情報

趣味は読書。
好物は口吹コロッケ、さつまいも、トマト。食べると眠くなるそうで、仕事するときはほとんど食べないんだとか。

お酒が好き。(わたしもです!)

検査マニアでしょっちゅう病院に行っています。

万が一倒れた時に備えて主治医の連絡先を入れたUSBを携帯の鎖に着けている。

夜型で就寝時間は6時~7時。睡眠時間は4~5時間程。部屋に

日光が差し込んでいると集中できないため、昼間仕事をするときはカーテンを閉めている。

男性に結構多いかもしれません。検査マニアな方。ちょっとでも不調だとすぐに受診。ま、自分の身体に気を付けることはいいことですよね。

代表曲は?

オラトリオ「ヤマトタケル」、オペラ「千の記憶の物語」、ヴァイオリン協奏曲「レクイエム~曽野綾子のリブレットによる」、「太鼓について-太鼓協奏曲」。

アニメ音楽では、「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ガンダムZZ」「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」。

映画音楽では、「優駿ORCION」「お引越し」「MISTY」等
テレビ番組は、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」等

おぺらから アニメまで幅広い楽曲を手掛けていらっしゃるんですね。

大河ドラマもですか!

アニメはまさかのガンダムシリーズだったとは。ファンも多いしアニメファンの中にも三枝成彰さんのファンは多いかもしれませんね。

著書もあります

・大作曲家たちの履歴書
・譜面書きの遠吠え
・三枝成彰のオペラの楽しみ方
・知ったかぶり音楽論
・男が女を嫌いになった日

奥さんはどんな人?

三枝成彰さんは離婚歴があり、現在は再婚されています。
前妻は中国人で娘がいるようです。

現在の奥さんは「幸子さん」というお名前で、22歳の年の差婚です。

親子くらい歳が離れていますね!3.11塾事務局で震災孤児の支援をされているようです。

娘さんには「自分が結婚するまでは、結婚しないでほしい」と言われていて、

いろんな女性と恋愛はしていても再婚はしていなかったそうです。

しかし、現在の妻と付き合っていたときに、「親からお見合いをさせられて、結婚しないといけないかもしれない」と言われたといいます。

その時三枝成彰さんは「彼女を失いたくない」と思い、娘さんを説得して娘さんが高校生のときに結婚しました。

お子さんについて

三枝成彰さんのお子さんは前の奥さんとの間に娘さんが1人います。

そんな中国人とのハーフの娘さんは韓国人の男性と結婚しているそうです。

娘さんはとても綺麗な方だと言われています。

娘さんについての情報はあまりないようです。

オペラで借金?

三枝成彰さんはオペラにお金がかかり7億円の借金を作ってしまったといいます。
オペラは実際とてもお金がかかるそうです。

ベートーヴェンの時代にもロウソク代まで作曲家持ち。

企業は不景気を理由にスポンサーになることを拒み、株主に対する配当を優先し、コンプライアンス委員会がうるさいという理由で多額の寄付を渋る。

三枝成彰さんは「好きだから。“趣味”なんです。仕事だったら借金してまでやりません」とオペラについて語っています。

7億円の借金をしてまでオペラをやりたいと思えるなんて三枝成彰さんのオペラ愛は相当なものですね!

腰痛で手術も!

三枝成彰さんは2012年に「脊椎管狭窄症(せきついかんきょうさくしょう)」になったことがあるようです。

この脊椎管狭窄症は長い距離を続けて歩くことが出来ないようです。

もっとも特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間欠性跛行(かんけつせいはこう)です。

脊椎管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状はありませんが、

背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、太ももや膝から下にしびれや痛みが出てきて歩きづらくなります。

しかし、少し前かがみになったり腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。

進行すると下肢の力が落ちたり、肛門周辺のほてりや尿の出が悪くなったり、逆に尿が漏れることもあります。

原因としては、加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。

脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれたせき脊髄の神経が通るトンネルです。年をとると背骨が変形したり、

椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管が狭くなって、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。
この病気は椎間板ヘルニアに比べ中高年に発症することが多いようです。

この病気を予防するためには、日常生活で姿勢を正しく保つ事が必要です。神経の圧迫は腰をまっすぐに伸ばして立つと強くなり、前かがみになるとやわらぐので、

歩くときに杖をついたり、シルバーカーを押して腰を少しかがめるようにしましょう。

また、自転車こぎも痛みが起こりにくいので、いい運動になるようです。

手術ではない治療方法としてはリハビリテーション、コルセット、神経ブロックや脊髄の神経の血行を良くする薬などがあります。

これらで症状が改善することもありますが、歩行障害が進行し、日常生活に支障が出てくる場合には手術を行うこともあります。

また、両足に症状が出ている場合は改善することが少ないので手術を行う場合が多いと言います。

三枝成彰さんの場合は、腰も痛く、歩けないほどだったそうで、名医に手術をしてもらい回復しています。

この他には病気らしい病気はしていないようです。
三枝成彰さんの健康の秘訣は40代半ばから続けている「1日1食」生活だそうです。
この健康法はビートたけしさんやタモリさんも実践されたことがあるようです。この「1日1食」については三枝成彰さんの著書『無敵の「1日1食」』

で紹介されているので興味がある方は是非読んでみてください!

きょうも最後まで読んでいただきてありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク