リ・ソルジュ(金正恩の嫁)の生い立ちや本名は?出産と子供や性格も調査!

こんにちは。

とみーです。

昨日今日と東京は薄着では風邪を引きそうな寒さとなりました。

最近ほんとうに北朝鮮のニュースが多いと思いませんか?

日本人にとっては一番大切な問題は

北朝鮮によって拉致された日本人拉致被害者の早期の帰国。

これにつきますが。。

最近の北朝鮮はとにかく金正恩氏の動きが活発と言うか

韓国に行ったり、中国に行ったり。

この冬に行われた平昌オリンピックには

実の妹である金与正氏を派遣してきたり。

日本はお隣の国として北朝鮮の動向には神経質になりますし、

どちらにしても何をやらかすかわからない北朝鮮の今の動向をしっかり見ていく必要があると思います。

最近気になるのが中国や韓国を訪問した時に同行したという金正恩氏の妻と言われる

リ・ソルジュ氏のことです。

もともと北朝鮮の人たちのことってよくわかっていません。

金正恩氏のことだって謎が多いのに、

さらにその妻にいたってはいったいどんな人なのか

本当に気になります。

きょうはそんな謎だらけの金正恩氏の妻

リ・ソルジュ氏について調べてみようと思います。

スポンサードリンク

■リ・ソルジュ氏のプロフィール

氏名:リ・ソルジュ(李雪主)

生年月日:1989年9月28日

スポンサードリンク

■リ・ソルジュ氏の生い立ちと経歴

リ・ソルジュ氏のお父親は空軍大学の教官

母親は産婦人科の医師と言われています。

リ・ソルジュ氏は金星学院(クムソン学院)という音楽に力を入れている

北朝鮮でもエリート校と言われる学院に4歳から通っていたと言われています。

もともとリ・ソルジュ氏の家庭は上流階級ではありませんでした。

そんな中でリ・ソルジュ氏はエリートの上級階級の子女の通う学院に入学したので

学校では孤立していて友達はいなかったと言われています。

そんなエリート校に通うことができた

中級階級の子供。

それがリ・ソルジュ氏でした。

よほど将来を期待されたんでしょうか。。

きっと音楽の才能が認められたからこそ通えたんでしょうかね。

4歳から通うってよほど才能が認められたんでしょうね。

親が何らかの働きかけをしたとの情報もあります。

このエリート学院に通っていたリ・ソルジュ氏ですが、

この後北朝鮮のエリート音楽団の

銀河水管弦楽団に入ります。

リ・ソルジュ氏はこの銀河水管弦楽団で歌手を努めていました。

2005年にはリ・ソルジュ夫人はアジア選手権の際に

北朝鮮の美女応援団の一員として韓国に訪問したことが確認されています。

時々メディアでも報道される美女軍団。

リ・ソルジュ夫人はこの軍団の一員だったんですね。

ま、なんとなくそうかなと思っていましたが。。

そして金正恩(キム・ジョンウン)氏とは2009年に結婚しています。

ま、見初められたってことなんですね~。

結婚したのは2009年とは言え、

日本を始め、世界に夫人の存在を知られるようになったのは最近のことですよね?

結婚後は金日成総合大学でファーストレディとしての教育を受けていたそうです。

2010年に第1子が誕生。

2017年までに3人の子供が誕生しています。

2011年には朝鮮中央放送が放送した銀河水管弦楽団による

新年公演の録画中継に同姓同名の歌手が登場しています。

また同じ年の2月には銀河水管弦楽団の音楽会では、

義父・金正日らの前で歌声を披露しています。

存在が知られるようになったのは2012年ごろからでした。

夫である金正恩氏と現地同行する姿が北朝鮮メディアにより配信されるようになり

夫人説、愛人説、妹説。

いろいろと憶測されています。

同じく2012年7月25日に

挑戦放送により、金正恩氏が結婚していることやリ・ソルジュ氏の名前が公表されました。

これって北朝鮮の国民も自分の国の一番偉い人の奥さんを知らなかったってことでしょうかね。

きっとそうでしょうね。

北朝鮮で料理人として活動している

藤本健二さんも2012年に北朝鮮でリ・ソルジュ夫人と対面しています。

■出産や子供について

金正恩のリ・ソルジュ夫人には3人の子供がいると言われています。

他の国では国王とか日本では天皇一家に子供が生まれると大々的に報道して

祝賀ムード一色になります。

もちろんその国全体にとって喜ばしいことだし、

他の国にも自国のお祝いごとをお知らせしたいという思いもありますよね。

北朝鮮ではいわゆる跡継ぎがもう3人も登場しているのに、

まったく表に出てきていませんね。

ま、金正恩氏自体もその存在が公になっていませんでしたし、

北朝鮮はなんでも秘密裏にする国なんでしょうね。

まあ自分の異母とは言え、実の兄を毒殺してしまうくらいだから

そういう危険から守る意味もあるのかもしれません。

■リ・ソルジュ夫人の子供の年齢や性別について

金正恩氏とリ・ソルジュ夫人との間には

2男1女がいると言われています。

長男について

生年月日:2010年

氏名:不明

長女について

生年月日:2013年1月

氏名:キム・ジュエ または キム・ジュウン

この長女についてはアメリカのバスケットボール選手の

デニス・ロドモン氏によって明かされています。

次男について

生年月日:不明

氏名:不明

この情報は確実なものではありません。

なにせ、北朝鮮からの正式な発表は無いのですから。

この情報は確実なものではありません。

なにせ、北朝鮮からの正式な発表は無いのですから。

すでに長男は8歳くらいですか。。

金正恩氏本人も兄弟も最近まで

ほとんど顔も知られていいなかったのが現状ですから

この子どもたちも大人になるまで画像などが公表されることはなあそうですね。

一説によると子どもたちを神格化することが目的だとも言われています。

父親の金正恩氏もずっと海外で育っていることから

そのうち海外で教育を受けるべく密かに出国するのかもしれませんね。

すでに出国してるかも。。

■性格は?

最近になってやっと姿が公表となった金正恩氏の妻のリ・ソルジュ氏。

もともとエリート階級というわけではない家庭の出身だと言われているようですが

リ・ソルジュ氏の性格はどうなんでしょうか?

若い頃の画像をネットで拝見すると可愛らしくて優しそうな印象です。

最近のリ・ソルジュ氏の映像と昔の画像とに違いがあることから整形したのでは

という疑惑も持たれています。

ま、整形くらいなら、お隣韓国なんて普通のことのようですし、

国のトップの妻ですからま、少しはいいのでは?
と思います。

案外周りから言われてということも考えられますしね。

歯の矯正も行っているとか。。

穏やかそうに見えるリ・ソルジュ氏ですが気の強い一面もあるんだとか。。

ま、ファーストレディですから。

多少の負けん気はないといけません。

学生時代には学校で禁止されていたミニスカートを履いて登校したこともあるんだとか。。

北朝鮮でそれをやっちゃうって、なかなかいい根性してますよ。

学校で階級の違いなどもあり、いじめの対象になることもありましたが、

リ・ソルジュ氏はいじめに屈することもなかったんだとか。

ミニスカを履いていたことは先程も触れましたが、

さらにお化粧品に韓国の高級ブランドの商品を使用したり

ディオールの高級ブランドバッグを持ち歩いたりと

かなりお金遣いも派手になってきたのかもしれません。

独裁者の妻ですからね。

それくらいは可愛いもんですよ。

でもそういう贅沢を許されているあたり

やはり夫である金正恩氏は妻であるリ・ソルジュ氏を寵愛してるんですかね~。

たとえ自分の子供を生んだ女性とは言え、

もし金正恩氏のなにか気に入らないことがあれば

あっという間に。。消されそうですが。。

もちろんリ・ソルジュ氏は表舞台では夫を立てる最高の妻として振る舞っています。

主に国民の前では夫(金正恩)がいかに寛大な人柄であるかをアピールしているんだとか。。

最近のリ・ソルジュ氏は自分にとって利益となるような人物をそばに置いたり

自分の父親を金正恩氏の警備責任者に任命したりと

リ・ソルジュ氏自身の影響力も強めています。

もともと身分違いの学校に通っていたリ・ソルジュ氏は

そういう味方がいないなかでの自分の立ち位置や立ち居振る舞いなど

いろいろと学んで強くなっていったのかもしれません。

なかなかしたたかな女性とも言えます。

■銀河管弦楽団の解散について

2013年に朝鮮日報や日本の朝日新聞社が報じた内容ですが、

リ・ソルジュ氏も所属していた銀河水管弦楽団に

ポルノ映像制作などの性的スキャンダルが発覚し、

メンバーはじめ十数人が処刑されたと報じました。

朝日新聞はこの管弦楽団のメンバー始め音楽科9人が処刑され

楽団は解散となったと報じられました。

この処刑された9人の会話がどうやら盗聴されていたらしく

「李雪主も昔は、自分たちと同じように遊んでいた」という会話を傍受していたと報じた。

という内容の盗聴でした。

この会話の中の李雪主という人物が

金正恩夫人のリ・ソルジュ氏と同一人物であるとしています。

金正恩氏はリ・ソルジュ氏の醜聞を口封じするため処刑した可能性が高いようです。

処刑された中には妊婦の女性も存在したというから北朝鮮ではほんとうに何も言えませんね。

どこで誰に何を聞かれたり見られたりしているかわかりません。

この一連の処刑騒動の時期はリ・ソルジュは一時表舞台を離れていたようですが

その後ふたたび登場しています。

■最近の動向

2018年3月25日に最高指導者就任後の初外遊で中国を訪問した金正恩氏に

党副委員長の李洙ヨン氏、崔竜海氏、金英哲氏らとともに同行しています。

2018年4月には、K-POPスターなどで構成された韓国芸術団が訪朝し、

東平壌大劇場で夫の金正恩やその妹の

金与正氏とともに韓国の芸術団公演を直接鑑賞した姿が確認されています。

また同4月に韓国側施設「平和の家」で行われた南北首脳会談の際には

晩餐会に出席し、韓国大統領文在寅や

その大統領夫人金正淑の出迎えを受けています。

■終わりに

北朝鮮の代表である金正恩氏の夫人リ・ソルジュ氏についていろいろと調べてみました。

最近の北朝鮮の金正恩氏の動きは活発でとうとう

アメリカのトランプ大統領との会談が2018年6月に

行われることも決定したと報道されています。

韓国とはその前に首脳会談を実現させていて、非核化で合意しています。

それ以前北朝鮮は世界から孤立していて、

なおかつミサイルや核兵器の実験をどうどうと行うなど

日本にとってもとても危ない国です。

金正恩氏はこれ以上の孤立は国にとっても良くないと考えて路線変更したの

か。

これまでが「何しでかすかわからない危ない国の危ない独裁者」のイメージだったので

急に外交路線に変更してこれまで敵対してきた国々も戸惑うばかりです。

一応今の所世界の国々はこの路線変更を好意を持って受け入れてくれています。

駄々っ子が急に物分りが良くなあって、

「それなら」とどの国も北朝鮮に優しく接するようになったという印象です。

ですが初戦北朝鮮です。

そしてこの会話路線がいつ覆されるかもわかりません。

ま一般市民の私たちはただただことの成り行きを観ているだけです。

金正恩氏の妻のリ・ソルジュ氏も外交のたびに金正恩氏に同行するものと思われます。

これまでの北朝鮮の歴史では考えられなかった妻の同伴。

これからもきっとますますリ・ソルジュ氏の姿が確認されることと思います。

この外交が世界を欺く行為でないことを祈るばかりです。

核ミサイルを放棄しても普通のミサイルは飛ばすよんとか言い出しそうです。

そして日本人の拉致被害者のいち日も早い帰国を祈ります。

きょうも最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク