年賀状はがきが52円の期間はいつまで?理由も気になる!切手の場合も解説!

こんにちは。

今年もやってきました!

年賀状の季節。(^_^;)

毎年、この季節になると、いろいろと悩みませんか?!

私も、年賀ハガキを目の前に、自筆にするかPCで作るか、

誰に出すか…などと、頭を抱えて悩んでいますww

ところで、今年は、2017年6月からハガキを出すのが62円に値段が上がった事もあり、

10円といえどもたくさん出す方には出費がかさむかと…

そう思いきや、そうでも無いようですね。

期間によっては、今まで通りの52円で出せるとか?!

そう知ってしまっては、この期間を逃す事はできない!

ということで、詳細について調べてみることにしました。

スポンサードリンク

年賀状の値段が発送する時期で違うのをご存知ですか?

ハガキを出すのに、少し前なら51円でした。

それが、52円になり、あっという間に今では62円まで上がってしまいましたね(>0<)

年賀状の時期に、これは痛手だなと思いきや、

年賀状に関してだけは特別措置がなされるらしく、

出す期間によっては52円のまま出せるらしいです。

ご存知でしたか?!

これは、出す側からしてみれば、かなり嬉しい話ですよね♪

ただ、その期間と方法を間違えると、

62円でしか出せなくなってしまうそうなので、ご注意を!

しかも、ある一大事を起こしかねないとの事なので、

合わせて注意が必要です。

スポンサードリンク

10円安い理由は

62円に値上げしたはがきを年賀状に限り期間限定で52円にした理由。

明確な理由はわかりませんが

やはりたくさんの人に年賀状を購入してもらいたい、

年賀状を出してもらいたいという郵政省の願いでしょうか。。

62円だと確かに費用もバカになりませんからね。

では、その期間と方法についてですが…

52円で出せる期間は?

年賀状を52円で出せる期間についてですが、

2017年12月15日~2018年1月7日まで

となっているようです。

まぁ、例年、多くの方が、この期間に出すのではないでしょうか。

日本郵政も考えてくださいましたね。

たしかに、今の時期に「62円でしか出せません」となれば、

必然的に年賀状を出す人も減ってしまうからでしょうね( ̄~ ̄;)

その前やその後に出す場合の料金は?

ただ、2017年12月14日まで、もしくは2018年1月8日以降に出すと、

日本郵便が発行する年賀はがきでも通常のハガキと同様の62円でしか出せず、

もし手元に52円の年賀ハガキをお持ちの場合は、

10円の切手を年賀代金の下に貼って出す必要があります。

また、大量の年賀ハガキを出す場合にも、

一枚ずつに10円切切手を貼る必要があり、

現金などでの一括支払いはできないとの事。

それと、もし料金が足らないまま投函してしまうと、

差出人に差し戻されるか、

受取人が不足分を負担することになるというのです。

これは、タイミングによるそうです。

郵便局で見つけられれば差出人に差し戻し、

郵便局でもし見落とされ、

配達員さんが見つけた場合には受取人に

負担してもらうことになるらしいのです。

年賀状は、ビジネスで出す場合も多くあるので、

受取人に10円を負担させてしまっては、

信用にも関わる一大事にもなりかねませんので、

きちんとした確認が必要ですね!!

ちなみに、もし、2017年1月7日の夜に投函した場合はどうなるのか?

これは、2018年の1月8日の朝一番目の集配に間に合ったものに関しては、

52円で届くそうですが、これも不安なので、

2017年12月15日以降の早めに投函した方が確実ですね(^_^;)

日本郵便のはがきじゃない場合は?

ところで、年賀ハガキには、日本郵便が発行しているハガキと、

私製のハガキの2種類がありますよね?!

私製のハガキの場合は、どうなるのでしょうか?

結論としては、私製のハガキでも52円料金の扱いは一緒ですが、

きちんと見えるところに《年賀》の文字を書いておかなければ、

通常のハガキ扱いになり、62円になるばかりか、

年内のお届けになる可能性もあるそうです(;^_^ A

なので、切手部分の下などに、

必ずきちんと大きく《年賀》の記載をお忘れの無いように!!

なお年賀と記載後きちんと52円切手を貼ってくださいね。

終わりに

今年は、年賀状が本当にややこしい事になっています(。>_<。)

しかも、詳細な告知があまりなされていないようで

郵便ポストや郵便局にも貼ってはあるものの

見落としやすい場所に小さくしか貼られていない模様。

もっと大々的に分かりやすく広報するべきだと思うのですが…

ともあれ、今は、メールやライン、SNSなどの普及で、

お手紙やハガキなどの需要が減ってきていて、

年賀すらそういったもので済ます傾向にあるのも現状のようですが、

もらった側は紙の方が温かみがあって良いと感じる方が多いとの報告もありますので、

この2017年12月15日から2018年1月7日までの期間をうまく利用し、

せっかくの平成30年。

平成になってからの30年目のご挨拶を、

気持ちを込めてしっかり届けたいものですね♬

なお知らずに62円で出した場合は所定の手続きをすれば料金または切手で返金可能だそう。

最寄りの郵便局でご確認ください

なお身分証明となるものが必要となります。

わたしもいつも年明けぎりぎりの投函となります

反省反省。

きょうも最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク