裕木奈江の今現在は?若い頃のことや結婚と夫も調査!

こんにちは。トミーです。

みなさんは「北の国から」などの昔のドラマはご存知ですか?

当時若手の女優さんとして人気のあった裕木奈江さんをご存知でしょうか。

すごく人気があったにもかかわらずいつの間にかテレビでは見かけなくなり、あれからたぶん20年以上たったでしょうか。。

最近また裕木奈江さんの話題を耳にすることがたったのでどんな方なのかご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

裕木奈江さんのプロフィール

名前:裕木奈江(ゆうき なえ)

生年月日:1970年5月12日

血液型:O型

身長:159cm

出身地:神奈川県横浜市瀬谷区

職業:女優、歌手

横浜市立三ツ境小学校、横浜市立原中学校、神奈川県立郡岡高等学校を卒業しています。

芸名の『裕木奈江』の名付け親は五木寛之さん。

ラジオが大好きで『大槻ケンヂのオールナイトニッポン』『伊集院光のOh!デカナイト』のヘビーリスナーだと公言しています。

更にラジオ好きが講じて、深夜のラジオ番組『オールナイトニッポン』のパーソナリティーも務めていました。

スポンサードリンク

デビューのきっかけや当時の人気について

裕木奈江さんは1980年代末に映画女優としてデビューし、

1990年代になってからアイドル的な人気が出始め、

テレビドラマ・CM・歌番組などテレビ番組での芸能活動にも進出しました。

当時はピンクレディーと並ぶほどの人気で、睡眠時間がわずか3時間しか取れないほど忙しかったそうです。

1992年にドラマ「北の国から’92巣立ち」で裕木奈江さんはピザ屋で働く松田タマコを演じ、

じゅんこと黒板純と肉体関係を持ち妊娠、中絶するという当時としては衝撃的な内容で脚光を浴びました。

1997年に所属事務所「IMADOKI」が倒産し、「コムシフト」に移籍しました。

これを機に裕木奈江さんはアイドル業から女優業へシフトし、映画界や舞台を中心に活動することになります。

裕木奈江さんは2004年9月に文化庁の在学研究生としてギリシャに1年間国際留学します。

2006年4月に映画『硫黄島からの手紙』に【NAE】名義で出演し、

これ以降ハリウッド映画に出演するときにはこの名義を使っています。

他の海外映画には『インランドエンパイア』『Whith Oh Rice』『レイキャビック・ホエール・ウォッチング・マサカー』などに出演されています。

出演が減ったきっかけは?

裕木奈江さんは同性からの評判は良くなかったようです。

『女性から嫌われているタレント1位』『ぶりっ子』『媚を売っている』などマスコミやテレビのコメンテーターから激しいバッシングを受け、

徐々にテレビ出演が減っていきました。

『女性に嫌われる女性』というイメージが悪影響になり、その後裕木奈江さんが出演したドラマうは軒並み視聴率が低下してしまいました。

裕木奈江さんは撮影の遅刻早退、ドタキャンが多かった。

更に秋元康さんとの関係によってテレビから完全に消えることになったようです。

ドラマ『ポケベルが鳴らなくて』に出演していた裕木奈江さんですが、このドラマの企画をしたのが秋元康さんです。

秋元康さんは裕木奈江さんのことをとても気に入っていたようで、裕木奈江さんに関係を迫り、断られてしまったという噂です。

それにより、ドラマの主題歌を裕木奈江さんが歌うはずだったのに、別の歌手が歌うことになったり、

裕木奈江さんの悪口を業界関係者に広め、激しいバッシングを受けることになったようです。

当時の騒動についてのインタビューで『バッシングを気にしているヒマがなかった』『後から騒動を知った』など語っていて、

忙しすぎて現状を把握出来なかったと言われていますが実際はどうだったかはわかりません。

最近芸能界やその他、世界中でセクハラの告発が相次いでいますが、もしこの秋元康氏とのことが本当だったとすると

秋元康氏のセクハラ問題もそのうち告発するアイドルなんかが出てくるかもしれません。

今現在の活動について

2004年から1年間文化庁の新進芸術家海外留学制度でギリシャに渡ったことがきっかけとなり2005年に渡米しています。

帰国後に舞台『無頼の女房』に出演した後、『硫黄島からの手紙』のオーディションを受ける機会があり、そこで本格的に渡米を考えるようになったといいます。

「初めから仕事があるわけではなかったので、日本とアメリカを行ったり来たりしていました。

そのうち映画俳優組合にも入れて、『インランド・エンパイア』で憧れのリンチ監督ともお仕事できたので、

じゃあ住んでみようかなと。

ですから、決して全部を断ち切っていったというわけではなかったんです」
と、渡米について語っていました。

現在もロサンゼルスを活動の拠点としているわけではないようで、年に2回ほどは帰国して日本での仕事をやっているといいます。

2017年には、28年ぶりに復活したアメリカの人気ドラマ『ツイン・ピークス The Return』に出演するなど、

海外での裕木奈江さんの評価は高いようです。

「アメリカでもそんなにたくさん東洋人の役があるわけではないですし、

日本でもやらせていただきたいと思っています。

『ツイン・ピークス』のように『この監督とだったら10時間以上何も見えない状態でもいい』と思えるような方とでしたら、

どういう役であっても『やらせてください』というスタンス」だそうです。

2005年に渡米してから12年が経ちますが、

現在も初心を忘れないということをモットーに仕事に取り組んでいるようですね。

結婚や夫について

1999年に11歳年上のヘアメークアーティストと結婚して、

ロサンゼルスに移住しました。

ロサンゼルスに移住したということで、旦那さんは外人なのかと思いましたが日本人のようです。

その後2009年に約10年で離婚しています。

2人の間には子供はいなかったようです。

バラエティ番組に出演したときに、離婚後は全く良い恋愛をしていないと語っていましたが、ギリシャに住んでいたときに、

さわやかな青年から声をかけられたことがあったようです。

しかし、青年は19歳。当時40歳だった裕木奈江さんは青年のことをとても気に入っていたようですが、

「私はあなたのお母さんと同じくらいの年齢よ。お母さんが悲しむから諦めて」と断ったそうです。

好きなタイプは「繊細で頼りがいのある人」、

ですが「頼りがいのある人は押しが強いし浮気する。自分から告白することもない」とも言っています。

現在は彼氏もいないそうで、男運がないとのことです。

終わりに

テレビ出演が減った理由がなかなか衝撃的でしたが、現在も海外で女優として活躍されていて、

日本でもちょくちょくバラエティ番組などで目にすることがあり、今後も活躍が期待されます!

現在も変わらず可愛らしい外見で、もしかしたら再婚もあるかもしれませんね!

裕木奈江さんの今を調べると40代になって20代の頃の儚い感じがなくなりちょっとたくましく感じるように見えるのは私だけではないと思います。

それでもはやり当時の繊細な感じも残っています。

いろいろなバッシングや厳しい状況の中でも自分の道を進んできた実績が成長させたのかもしれません。

これからも日本とアメリカで思い切りお芝居を頑張って欲しいと思います。

おきれいなんですから恋愛ももう少し積極的になっても良いのかも

きょうも最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク