ムーミンバレーパークの開業時期や場所は?アクセスも調査!

こんにちは。

4月も後半に入り、春とは思えないほど暖かい日もありますよね。

もうすぐゴールデンウィークに突入しますが、

どこかに出掛ける予定は立てていますか?

海外旅行や温泉旅行、ピクニックやレジャーランドに行くのもいいですね!

レジャーランドといえばディズニーランドや富士急ハイランド、

ユニバーサルジャパン、子供連れならレゴランドなんかもいいですよね。

日本には各地にレジャーランドがあって、家族や恋人、

友人と行く計画を立てているだけでワクワクします。

そしてもうひとつ嬉しい情報がありました。

人々に夢を与えてくれるレジャーランドですが、

2019年3月に『ムーミンバレーパーク』というムーミンのテーマパークがオープンします!

ムーミンはフィンランドの作家が生み出したカバ似たた外見のキャラクターですが、

小さい子供から大人まで幅広い世代の方に愛されています。

日本ではアニメが1970年代から放送されているので

お母さん世代からもうちょっと上の世代までだいたいの人はご存知だと思うし、

ムーミンは最近キャラクターグッズも多くて人気ですよね。

わたしも毎年誕生日には友人からムーミングッズを1ついただいてて、

水筒、お弁当箱、バッグ、ポーチ。。いろいろ揃いました。

そんなムーミンが主役のテーマパークがオープンするということでとても気になります!

今回は『ムーミンバレーパーク』のコンセプトや場所など調べてみました!!

スポンサードリンク

ムーミンのテーマパークのコンセプトは?

ムーミンの世界を体験できるテーマパークの名前はフィンランド語で森を意味する『メッツァ』で、

このパークは2つのゾーンに分かれています。

北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」、

ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」の2つとなります。

主なコンセプトは6つの体験価値と3つの指針。

《6つの体験価値》

・挑戦・・・いつも違うことへの挑戦。困難を乗り越え、達成するよろこび。

・創造・・・自らの手でものをつくる。工夫する楽しさを味わう。

・共有・・・家族や仲間と協力し、助け合う。よろこびや感動を分かち合う。

・解放・・・こころもからだも解き放ち、リラックスする。自由になる。真の自分になる。

・探求・・・よく観察し、いろいろな答えを探す。先入観を持たず、問いかけてみる。

・想像・・・自由に空想をふくらませる。アイディアを無限に広げてみる。

《3つの指針》

・五感を刺激する

・人それぞれの答えがある

・積み重ねが意味を持つ

北欧時間がゆっくりと流れる森と湖でこころの豊かさを取り戻し、

暖かな気持ちを日常生活へと持ち帰れるような場所を目指している。

このコンセプトを聞くだけで行ってみたくなりますよね!

スポンサードリンク

開業場所

ムーミンのテーマパークの所在地は埼玉県飯能市宮沢431番3外58筆及び湖畔私有地

宮沢湖を含めた約25ヘクタールという広大な敷地がムーミンのテーマパークになります!

25ヘクタールというのは東京ドーム4個分もの広さなんです!

埼玉県飯能市(はんのうし)は市の7割が山野というたくさんの自然に囲まれている市です。

飯能市大字阿須には「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」というムーミンをモチーフにした都市公園もあります!

元々ムーミンとは縁のある地域だったんですね。

開業時期

「メッツァビレッジ」は2018年11月に開業します。

メッツァビレッジは北欧のライフスタイルを体験できる無料の施設です。

新鮮な地元野菜や工芸品、様々な北欧ブランドの商品を購入できるマーケット、

北欧風の食事を堪能できるレストラン、

ものづくりやアートが体験できるワークショップ・ラーニングスペースが用意されています。

また、湖ではカヌー・木工房で作ったカヌーやレンタルボートを楽しむことができます!

「ムーミンバレーパーク」の開業は2019年3月にグランドオープン予定です。

ムーミンバレーパークではムーミン屋敷や物語を体験できるアトラクション、

レストランやショップなどの施設がオープンします。

他にもムーミンの世界を再現したモチーフやオブジェが設置される予定なので、

インスタ映えする写真がたくさん撮れそうですよね!

「メッツァビレッジ」と「ムーミンバレーパーク」両方共

2020年の東京オリンピック前に開業開始するということで、

2020年には外国人のお客さんも多く訪れる観光スポットになりそうですね!!

あらたな観光スポットとして注目を浴びそうです。

アクセスは?

ムーミンバレーパークの最寄り駅は西武池袋線の飯能駅になります。

池袋駅から急行で48分、上野駅から1時間12分ほどで行くことができます。

都心から飯能駅までのアクセスは良さそうですが、

飯能駅からムーミンバレーパークまで徒歩だと40分以上かかってしまいます。

タクシーだと片道1500円前後、バスもありますが、

現在1時間に1〜2本しかありません。

これはかなり不便…。

ですがオープン時期にはシャトルバス運行するなどの対策が取られると思いますので心配はないでしょう。

シャトルバスが運行されれば飯能駅から10分くらいでムーミンバレーパークに行くことが可能だと思います。

料金は?

「メッツァビレッジ」の入場料は無料ですが、「ムーミンバレーパーク」は有料になります。

現時点で料金は発表されていません…。

あくまで予想ですが、4000〜5000円程度になるのではないでしょうか?

ディズニーランドやユニバーサルジャパンよりはリーズナブルな価格になると予想しています。

正式に料金が発表され次第お知らせします!

駐車場はあるの

駐車場の有無に関しても正式な発表はされていません。

ですが、ムーミンバレーパークは最寄り駅から徒歩40分以上かかる場所にありますし、

小さい子供連れの家族だと車でくる方が便利ですし、

地方から車で訪れる方もいると思いますので、駐車場は是非設置してほしいですね!

敷地の広さが東京ドーム4個分と広大なので、

駐車場のスペースもきっちりあると思いますし、

駐車場は設置されると考えて大丈夫でしょう!

宿泊施設について

そして気になるのは宿泊施設があるかどうかというところですよね!

しかし、こちらも情報はありませんでした…。

ディズニーランドやユニバーサルジャパンにも併設されているホテルはありますから、

ムーミンバレーパークにもムーミンの世界に浸れるホテルがあると嬉しいですよね!

ムーミンバレーパークで遊んで、ムーミンに囲まれたホテルで眠って、特別な一日を過ごしたいです!

施設内の宿泊施設に関しても新たに発表されましたら順次お知らせします。

終わりに

2019年3月にオープンが予定されている「ムーミンバレーパーク」は、

ディズニーランドやユニバーサルジャパンなどと並んで、

非日常を与えてくれる新しいテーマパークになりそうですね!

少し先のオープンですが、2018年11月に「メッツァビレッジ」が先行オープンするということで、そちらも楽しみですね!

ムーミン好きな方にはたまらない場所になると思いますし、北欧の世界に入り込める夢の場所は多くの人に親しまれるのではないでしょうか。

料金や宿泊施設などの情報はまだ発表されていませんが、詳細が分かり次第お知らせします!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク