松山俊行の妻や子供は?プライムニュースは降板するの?

こんにちは。
とみーです。

みなさんBSのニュースはご覧になっていますか?

BSフジで放送中のプライムニュースのキャスターを担当されている方の

不倫に関する報道が出ました。

またまた文春の告発になります。

とは言え、告発の元は元愛人という方みたいですが。。

この手の話題ってほんとうに多いですね。

しかも文春の記事が本当ならば

松山俊行さん何も知らない女性を独身と偽りだましていたんですね。

これはこの告発した方は裁判でも起こしてもいいのでは?

と思いました。

慰謝料取っちゃいなよ!

ですよ。

松山俊行氏とX子さん(告発した相手の女性)は2013年に

銀座のオーセンティックバーというところで初めてであったそうです。

同じ2013年7月には六本木で初めてデートします。

そしてこの日に「うち近いからおいで」と自宅に誘われます。

当時20代だったX子さんは松山俊行氏の強引さに次第に惹かれて、

結局お付き合いすることになります。

「最初は断っていたけど、話も面白いし、マメに連絡をくれるし、

一緒にいて楽しい。30歳を目前に結婚したいと考えていましたが、次第にこの人とならいいかなと思い、

彼のマンションに泊まるようになったのです」

ですが2014年に松山俊行氏のマンションで別の女性からの手紙を発見します。

不審に思って問い詰めると

松山俊行氏「結婚して子供もいる。妻とは別れようと思っている」と平然と告白してきたとか。

スポンサードリンク

松山俊行氏のプロフィールは?

氏名:松山俊行(まつやまとしゆき)

生年月日:1968年9月8日

年齢:50歳

出身地:宮城県

出身大学:早稲田大学

スポンサードリンク

華やかな経歴

松山俊行氏は早稲田大学のほかにカリフォルニア大学にも留学経験があり、

華やかな経歴をお持ちのようです。

松山俊行氏はフジテレビに入社後は

政治部自民党キャップも担当。

さらに安倍政権を含む5政権で官邸キャップも担当しました。

911同時多発テロの取材やイラク戦争、

北朝鮮問題などの取材も担当。

在米歴も8年半だそうです。

さらに選挙特番のプロデューサーや番組のディレクターも歴任されています。

松山俊行氏の経歴すぎて、めまいが、、

これだけ国際的な舞台を数多く踏んで、

取材した事件も大きな事件ばかりだし、

女性の一人や二人口説くのも朝飯前と言えるのでは?

妻はどんな人

松山俊行氏の妻に関しては情報はありませんでしたが、

ま、結婚は事実の用です。

それはそうですよね。

松山俊行氏は在米期間も長いのできっとこの間も同行されていたと思います。
もちろんお子さんもいるはずです。

松山俊行氏は現在50歳ですから

お子さんもけっこう大きいはず。

ひょっとしたらもう成人しているかもしれません。

ほんとうにこのX子さんだけでなく、

妻子にもほんとうにひどうことをしたと思いませんか?

プライムニュースのキャスターは継続?

気になるのが現在BSフジで放送中の「プライムニュース」のキャスターを

松山俊行氏が継続して担当するのか

できるのか。。

今回の報道を受けて「またか」

と思った方も多いはず。

というのも「プライムニュース」のキャスターの不倫報道は

最近もあったからです。

そう秋元優里アナウンサーの不倫疑惑です。

これまら「プライムニュース」担当のプロデューサーの40代の男性との密会がスクープされました。

結局この文春砲により

秋元優里アナウンサーは番組の降板を余儀なくされました。

さらに4月から新キャスタとして登場する予定だった元NHKの麿こと

元NHKの登坂淳一アナウンサーも女性へのセクハラ疑惑が浮上し

直前になって番組降板が決定、

そのあと「プライムニュース」の担当になったのが

今回文春砲で狙い撃ちされてた松山俊行氏でした。

いや~。

もう「プライムニュース」は終了にしても良いのでは?

と思うのはわたしだけ?

決めても決めても文春砲にやらちゃうし。。

次の人決めるのもたいへんだし、

清廉潔白の人物探すのもたいへんですよね。。

この騒動がどうなるかこれからの報道に注目です。

終わりに

今回の文春砲の記事がでるまで松山俊行氏のことはまったくしりませんでした。

TBSの長寿番組「報道特集」なんかも

長年記者として報道に携わっていた無骨なおじさまがキャスターとして登場しているケースも多く、

その不器用な進行とこれまでの経験と知識ゆえの実直なコメントが視聴者には好感を与えたと思いますよ。

わたし今はなき料治直矢さんとか大好きでしたもん。

松山俊行氏は4月からキャスターとして「プライムニュース」を担当していましたが

現場の人間が伝える本当の報道を期待していた視聴者は今回の文春砲にほんとうにうんざりしたでしょうし、

これまでの経歴や現場で身につけた知識や情報がちょっとしたことですべて台無しですよ。

視聴者てきには「もういいんじゃない」ですよね。

きょうも最後までよんでいただいてありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク