久野綾香の夫(鈴木康大)や子供について!経歴や出身校は?

こんにちは。
トミーです。

今回はとてもショッキングな日本ではこれまで考えられなかった

ドーピング事件が置きました。

自分のライバルとなる選手のドリンクボトルに

故意に禁止となっている薬物を混入させたのです。

結局ほんとうに薬物反応が陽性となってしまったことに自責の念にかられ

薬物を混入させた人物は自ら名乗り出て

今回の事件が明るみになりました。

その薬物を混入したのが

鈴木康大氏(カヌー)です。

鈴木康大氏のことを調べると

オリンピックに出場したと願うあまりの

追い詰められた状況かとも思いましたが、

やはり周りの影響やこれからのことを

考えるべきだったと思います

もちろんご本人が今は一番後悔しているんだとは思いますが。。

そして鈴木康大氏とともに苦しんでいるご家族

奥さんやお子さんもきになり調べてみました

鈴木康大氏の妻は

久野綾香さんで久野綾香さん自身も

カヌーの選手として活躍していました。

スポンサード リンク

久野綾香さんのプロフィールと経歴は?

久野綾香さんは

1987年12月8日生まれの30歳

出身は福島県

身長は167センチ

体重は63kgと記録サれています。

所属は久野製作所

どうやら久野綾香さんのお父さんが

経営されている事業所に所属されているようです。

久野綾香さんは小学校3年生のときから

カヌーをはじめています。

久野綾香さんには足の不自由なお兄さんがいて、

そのお兄さんの影響もあったようで

「足が不自由でもできるスポーツ」として

かカヌーを当時の小学校の校長先生に

紹介されたのがきっかけのようです。

ということでもともとはお兄さんの

付き添いとして練習に参加していたそうですが

綾香さんもカヌーの魅力にはまったんですね。

久野綾香さんは2008年の北京オリンピックに出場。

カヌースプリントで見事6位に入賞サれています。

その後夫となる鈴木康大氏とカヌーの合宿で出会い結婚。

その後地元福島で

2016年6月にスポーツジムを開業しています。

スポーツジムの名前は「DREAM」

この名前にはいろいろと考えちゃいますね。

きっと夫婦にとってもDREAM(夢)を叶えたいとか

所属する選手には夢を持ってほしいとか

まさに自分たちの「夢」のための

スポーツジムだったでしょうに。。

久野綾香さんはお父様が

経営者というところからこのジムも実質的には

久野綾子さんのお父さんがオーナーだったかもしれません。

このスポーツジムは会員が150名ほどいたそうで、

鈴木康大氏にしてみれば

かなり順風満帆な人生だったように

はたから見ればそう思いますが。でも

本人にはやはりどうしてもオリンピックという

夢を手に入れていないという焦りはあったんでしょうね。

学校は?

久野綾香さんは

福島県立安達高等学校のご出身です。

ここはカヌー部が学校の部活動として活動しているのはなかなか珍しいですね。

過去にカヌー部は世界ジュニア大会にも出場しています。

久野綾香さん活躍が現在もカヌー部に

活力を与えているのかも。。

お子さんは?

久野綾香さんと鈴木康大氏との間にお子さんが

いるかは不明です。

でもお子さんがもしいるとしたら

これはちょっとお子さんに親として

どう説明していくのか。。という感じです、

でも今回鈴木康大氏が行った行為は

いろいろと同情することがあったとしても

かなり卑怯な行為。

しかも相手の健康を害する恐れもあったのです。

これは久野綾香さんもどうするか

ひょっとしたら離婚ということもありえるかも。。

久野綾香さんと鈴木康大氏の競技生活を支えてきたのは

なんと言っても久野綾香さんのお父さんでしょうから

このお父さんの意見もどうなのか。

今回のドーピング事件のあらまし

2017年9月11日石川県でに行われた

日本カヌースプリント選手権大会にて、

鈴木康大氏が代表入りを競う相手である小松正治選手の

飲料用ボトル内に禁止薬物の筋肉増強剤メタンジエノンを混入し、

ドーピングによる失格を図ったものです。

この大会200mで小松選手は優勝。

しかし鈴木康大氏の混入した薬物を摂取していたせいでその後のドーピング検査で

薬物反応が出て、小松選手は失格となりました。

身に覚えの無かった小松選手は不服申立てを行い

再調査。その過程で鈴木康大氏が薬物混入を告白しました。

薬物混入のほかにも

機材を破壊したり小松選手の練習器具を盗難していたことなども発覚しました。

今回の事件が鈴木康大氏の犯行だとわかったため

小松選手にたいする処分は撤回サれました。

日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は鈴木康大氏を8年間の資格停止処分を言い渡しましたが

カヌーの連盟からは「除名」が検討されています。

終わりに

告白するくらいなら

やらなきゃいいのに

と誰もが思ったと思います。

いろいろと無念の思いや悔いもあったかもしれないけど

やっちゃいけない一線を超えてしまったら

もうあとには引けない思いがあるのでしょうか。。

アスリートとは無縁の生活をしている私には

考えもつかない領域です

世界を見るとたしかに

薬の混入(ライバルの飲料物に)って

過去にもあったようですね。

日本人ってそもそも

人種別からみても

体格的に劣っているし

メダルを摂るのも難しい状況かも

しれません。

それでも頑張っているからこそ

日本選手にはクリーンなイメージがついてるんだと思います。

鈴木康大選手はきっと一生悔やみ続けるんでしょうし

過去の自分をずっと引きずってこれから

生きていくことになってしまいました。

自らの告白だけがせめてもの救いかな。。

鈴木康大氏を最初に見た時には

「おお。イケメン」

とちょっとびっくり。

余計にもったいない。

第一印象がすごいいいタイプの方だと思います。

インタビューでの受け答えもさわやか。

このまま国民をだまし通せるような

計画ならまだ良かったかも。。

(もちろんコーピングはなし)

ほんとにもったいないです。

奥さんの久野綾香さんはどうする灯りなのか。

インタビューとか出ないかな・・

きょうも最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサード リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする