キダタローの現在や妻や子供を調査!カツラ疑惑も?

皆さん、こんにちは♪

4月も2週目に入りましたね♪最近、新入生や新入社員の方を多く見ます!

この季節は、新たな気持ちで生活していこう!

と思わせてくれる季節ですので私は大好きです♪

ですが、一方で花粉症に悩んでいる方も多いと思います。

私は幸い花粉症ではないので、つらい思いはしていないのでよかったです。

お花見もしようと思っていましたが、今年は桜が咲く日が早かったので、

いつの間にか散っていたので、お花見することもできずでした。。。

そして、今回は作曲家さんについてご紹介をしたいと思います!

皆さんも一度はお名前を聞いたことはあると思う方です。

「キダ・タロー」さんについてご紹介いたします。

大阪の方なら知らない方はいないんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク

キダタローさんのプロフィール

楽天
ではまず、プロフィールから。

お名前:木田太良(きだ たろう)

生年月日:1930年12月6日

年齢:87歳

出身地:兵庫県宝塚市

出身高校:関西学院

出身大学:関西学院大学中退

私は関東出身ですのでお名前ぐらいしか知りませんでしたが、

キダ・タローさんは関西人には有名な存在のようです。

キダ・タローさんは、宝塚市で五男一女の末っ子として生まれました。

今の時代からしたら大家族と言われますね!

中学校は、両親の希望で関西学院中東部に進学します。

理由としては、上品だったからということです。笑

関西学院の高校時代にお兄様の遺品でアコーディオンに触れたこと、

下から2番目の兄がレコード好きだったことから音楽に目覚めます。

高校時代から、キダタローさんの音楽人生が始まったということですね。

ここまで有名になっている方ですので、

幼少時から音楽に関わっていたのかと思いましたが、

意外と遅い目覚めだったようですね。

そして、現在のキダ・タローさんは、

日本の作曲家・ピアニスト・タレント・ラジオパーソナリスティと多岐に渡って活動されています。

スポンサードリンク

経歴や代表曲は?

そして、これまでのキダタローさんの経歴は、

キダ・タローさんが、作曲を始めたのは、18歳・19歳のころ。

当時難波にあったキャバレー「パラマウント」の曲です。

その時に歌を歌ったのはナンバー1ホステスの女性です。

作曲家デビューがキャバレーの曲というのも、経歴としては面白いですね。

そして、関西学院大学を中退し、プロのピアニストとして活動されます。

20代の前半から10年間「義則忠夫とキャスバオーケストラ」の

ピアニストとしてキャバレー等で活動します。

本格的に作曲活動を始めたのは、20代後半になってから。

キャスバオーケストラでも作曲をすることもあったそうです。

そして、30歳を境に人気作曲家となります。

作曲を始めて、10年ちょっとで人気作曲家となったキダ・タローさん!

一時期、近畿の放送局のテレビ・ラジオ番組のテーマ曲を多く手掛けていたそうで、

キダ・タローさん総ナメだったようです。

余程の才能がなければ、このような経歴は残せないと思います!

素晴らしい才能ですね。

ちなみに、代表曲を挙げますと

「かに道楽」「日清出前一丁」「「アサヒペン」「くいだおれ」「チキンラーメン」「日清やきそば」などのCMソング、

「プロポーズ大作戦」「2時のワイドショー」「花の新婚!コンピューター作戦」といったテレビ番組のテーマ曲などまだまだたくさんあります!

もう大阪だけでなく全国的に有名なCMソングやテーマ曲ですよね。

わたしも小さい頃耳にした曲ばかりで、懐かしいラインナップです。

日清のl出前一丁は「あ~らよ。出前いっちょう~♪」

あの曲かな。。

「プロポーズ大作戦」も毎週観てましたよ!

あのテーマソングはキダタローさんが作った曲だったんですね~。

あの番組の「フィーリングカップル5vs5」というコーナーが

好きでした。

なんて、知っている人はわたしと同世代かしら。。

頭の中にさまざまな曲が蘇って来ました。

キダ・タローさんは、これまでに作り上げた曲としては

1000曲以上、2000曲、5000曲以上とも言われています!

ご本人は、私の言いたい放題ともおっしゃっています。笑

それほど、たくさんの曲を作ってらっしゃるということですよね。

語り口調は、とても自由な方なんだなとも思いました。

キダ・タローさんがアコーディオンからピアノへ転向した理由は、

当時本格的なアコーディオンを購入するとなると、

とても手の届かない物で安いアコーディオンですと練習するのに限界も感じていました。

それに比べてピアノは、ピアノを所有していなくても練習ができるという理由からピアノへ転向したそうです。

音楽が好きなキダ・タローさんにとってはピアノだろうと、アコーディオンだろうと

あまり関係なかったかもしれませんが。。

妻はどんな人?


キダ・タローさんは、1964年にご結婚されています。

奥様の名前は「木田美千代」さんです。

馴れ初めについては、1960年代に全国的に3人娘がいっぱい世の中に出た時代で

その当時に懇意にしていた昭和プロのマネージャーさんに大阪の3人組にレッスンを頼まれ、それが出会いとなります。

その初めて出会ったときに一目ぼれしたそうです♪

なんとも運命的な出会いですね。

奥さまが所属していた3人娘がどのようなグループだったかは不明です。

奥さまは結婚後、引退し主婦業に専念しますが、

朝日放送の料理番組のアシスタントを8年務めています。

それがきっかけで主婦業をしながらタレント業も行うようになりました。

また、持ち前の明るさを活かし、コメンテイターとしても活躍されています。

子供はいるの?

キダタローさんのお子さんについて、知らべてみますと

お子さんはいないようです。

ですが、関西では知らない人はいない程のおしどり夫婦だそうです!

お子さんに恵まれなかったのは、

残念ですが夫婦仲良しで何年も連れ添うというのは

世の中のカップルにとっては羨ましい存在ですね!

カツラ疑惑も調査

キダ・タローさんの頭に注目される方も多いと思いますが、笑

カツラなのか、気になる方もいらっしゃるかと思います。

あのオールバックの髪型は、間違いなくカツラだなとも思いますが、

関西人にとっては暗黙の了解であるとのこと。

所有するカツラも数多くあるようで、

黒髪から白髪に移行するのはとても上手にされていたようです。笑

日本人男性の薄毛は外国人と違って似合う方も少ないでしょうし、

男性にとっては髪の毛が薄いというのはとても気になる部分だと思います。

メディアに出ることも多い方ですので、きっと外見を気にされてのことでしょうね。

だいたいキダタローさんの髪型はぼさっとした感じでお手入れしてない髪というイメージだったので

カツラでしかも複数お持ちになっているというのがけっきょう衝撃的な事実でした。

一応TPOに応じて使い分けとかあるんでしょうね。

キダタローさんなりに使い分けが気になりまます。

終わりに

キダ・タローさんを調べてきましたが、まず年齢にびっくりしました!

87歳まで元気に過ごされているというのは、とても長生きだと思います。

キダタローさん87歳にはとても見えませんでした。

ずっと変わらないお元気さ。

きっと作曲活動やお仕事も長年続けてきたたからこそ、元気でいられるのでしょうね。

「探偵ナイトスクープ」はわたしも大好きな番組です。

特別顧問としてたまにですがご出演されている姿を見るといつもお元気そうで

楽しくなります。

たぶん、キダタローさんの存在自体が

これからもまだまだ長生きして欲しいです!

また、才能のある方の生い立ち等を調べるのは面白いとも思いました。

今の地位に至るまでにどんなことをされていたのか、

どういう努力があったのかなど調べていると、私自身も頑張ろうという気持ちになります。

自分にでも出来ることは取り入れてこれからも頑張っていこうと思います!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク