ケロッピー前田の結婚や子供について!経歴や本名とマイクロチップの機能は?

こんにちは。トミーです。

最近お天気が悪くて東京では久しぶりに3月下旬の気候となり寒いです。

でももう5月ですからまた暖かくなるんでしょうね。

毎週水曜日の夜中に押送いしてる

「クレージー・ジャーニー」ってみなさんご覧になっていますか?

平和な国「日本」で生活する私達には考えられないような

世界のいろいろな現場を紹介するドキュメンタリー番組。

ほんとうにこの番組、毎回すごい世界が紹介されるので

驚きとともに見入ってしまうのですが

先日の放送では「身体改造」をテーマに

入れ墨はもちろんのこと。

身体に針をたくさんさして、そこにフックを通して身体を吊り下げたり、

身体になぜか「耳」を植え込んだり

身体からどんどんヒモが出てきたり!

頭にツノを作ったり!

もちろんこれは手品などではありません。

人間が自分の身体を「改造」しているんですね。

観てるだけで「痛そう」でした(笑

そんな「身体改造」の世界を置い続けている日本人がケロッピー前田さん。

「クレージー・ジャーニー」で肉体改造についての紹介をしていて

わたしも初めてこの方を知ったんですが

ケロッピー前田さん自身も身体にマイクロチップを受け込んだり、

身体を吊り下げる「ボディ・サスペンション」に挑戦したり。

こういう自分の身体を傷つけてまで改造したいってことに

きっともともと興味や願望のある方なんでしょうけど

やはりどんな方なのか気になります。

きょうはケロッピー前田さんについて調べてみたいと思います。

まあわたしも「プチ整形」には興味ありますが「身体改造」とはまったく別ものですから!

スポンサードリンク

■ケロッピー前田さんのプロフィール

氏名:ケロッピー前田

本名:前田亮一

生年月日:1965年

出身地:東京都

身長:194センチ

出身大学:千葉大学工学部

ケロッピー前田さんの本名は「前田亮一」さんとおっしゃるんですね。

ケロッピー前田でも前田亮一という本名でも本を執筆されています。

年齢は53歳ですか、もっとお若く見えます!

身長は194cmですか日本人にしては背が高いほうだし

海外の方に負けてませんね。

スポンサードリンク

■これまでの経歴は?

ケロッピー前田さんは白夜書房やコアマガジンなど出版社の

編集者として勤務をしたあと、フリーのライターとなりました。

世界のアンダーグラウンドカルチャーの現場レポート、

若者向けのカルチャー雑誌「ブブカ」や「バースト」

「タトゥー・バースト」などで活躍されていました。

現在は海外の身体改造の最前線を日本に紹介してきました。

楽天

■結婚してるの?子供は?

ケロッピー前田さんの結婚やお子さんについての情報を確認することはできませんでした。

ケロッピー前田さんの年齢は2018年現在で53歳です。

結婚してるならすでにお子さんやひょっとしてお孫さんもいる可能性もある年代ですが

どうなんでしょうか。。

このケロッピー前田さんが追いかけている身体改造についての理解がある人か

もしくはケロッピー前田さんと同じ趣味を持つくらいの女性でないと

パートナーは務まらないと思います。

日本ではまだまだ馴染みのない世界なので

ケロッピー前田さんはきっと海外での取材が長いのではないでしょうか。。

そんなライフスタイルをも受け入れている女性でないといけませんね。

もしくはこれが夫であるケロッピー前田の仕事だからしょうがないと

諦め。。じゃなくてきちんと仕事として理解してくださる女性です。

ジャーナリストですからケロッピー前田さんご本人はともかく、

あまりご家族が登場することもないでしょうから。。

わたしがケロッピー前田さんの妻だったら身体も心配だし、

あまりに自分の日常からかけ離れた世界なのでやはり付いていくのは難しいかも。。なんて思っちゃいますね。

スポンサードリンク

■身体改造とは?

身体を改造というとわたしは1980年台のハリウッド映画「ロボコップ」を思い出します。

事件に巻き込まれたもともと人間だった主人公(警察官)が瀕死の重症だったところを手術を受けてサイボーグとして生まれ変わり、

ロボットの警察官「ロボコップ」として悪と戦うというお話でした。

当時大ヒットした映画でパート2やアニメも制作されたんですよ。

楽天
身体改造というとこんな非現実的なSFチックなイメージですが

ケロッピー前田さん曰く

タトゥーやピアスの延長線上で可能な範囲で追求している

そうです。

DIY的なところもあるんだとか!

身体の日曜大工!?

身体にいろいろ埋め込む人もテレビでは登場しましたが

電子機器の埋め込みにしても、

すごく小さなデバイスを埋め込んで全く新しい人間の感覚がひらけるみたいな、

アイディア勝負みたいなところがありますね

テレビでは自分の腕に耳の形を作って

「第3の耳」と名付けて、その耳の形をした腕の中にチップを植え込んで音を拾うような仕組みにしている人も登場。

身体にかれこれ植え込めるようになれば

「電話も不要」

「財布も不要」

「パソコンも不要」

な何も持たなくて良い。身体だけでOK、な世界も遠い未来ではない。

そんなこと司会者の松本人志さんはおっしゃっていました。

☆ボディ・サスペンションがすごい

先日放送された「クレージー・ジャーニー」では

身体の背中側全体にたくさんの釣り針型の針を刺してそこに

ワイヤーのような物を通して身体を吊り下げるという

ボディ・サスペンションも紹介されました。

ケロッピー前田さんはすでにこれまで

2回このボディ・サスペンションを経験されているんだそう。

見るからに痛そうで皮膚が裂けそうで怖いですが、

針を指す時は確かに痛いそうですが

吊り下がっている時は痛みは感じないそうです。

ほんとかな。。

このボディ・サスペンションは1990年代から注目されてきたカルチャーで

サスペンション世界大会なる大会も02年から開催されているんだそう。

このサスペンション世界大会に出場したのはケロッピー前田さんが日本人では初参加だったそうです。

なんでケロッピー前田さんは「最初に吊られた日本人」なんですね。

吊り下げる時に身体に刺す針は3.2ミリから4ミリくらいだそうです。

けっこう細いんですね。

■マイクロチップの目的は

「クレージー・ジャーニー」の中でケロッピー前田さんは

左の手背に針で穴をあけてそこに小さなマイクロチップを植え込むシーンが放送されました。

自分の身体に傷をつけて異物を入れる。

わたしにはちょっと理解し難いです。

このケロッピー前田さんが自分の身体に植えたマイクロチップは

スマホに入れた「NFCチップアプリ」を起動し、そのスマホをかざすと

チップに反応してスマホの画面にケロッピー前田さんの氏名は表示されます。

今はまだこの機能だけだそうです。

このアプリに自分の情報をどんどん入力していけば

事故などで身元がわからなくなった時にチップから個人の情報を入手できたり

上にも記載しましたが

さまざまな情報を書きこんで置くことで

身分証明書も財布も携帯も何も持たなくても

身体のチップ一つですべて終わってしまう時代が。。

来るかもしれません。

まあ国民を国が管理するために生まれてすぐにチップを植え込むとか

そんな時代もくるかもせいれませんね。

義足や義手の進化もすごい。

事故や病気で手や足を失った方たちが使う具足や義手も

装着した人の筋肉の動きを読み取ってまるで行きている人と同じように動く

そんな義手も紹介されていました。

それって自分の脳の命令が直接義手に伝わるというすごいことです。

身体改造ってさまざまな可能性を秘めてる世界なんですね。

楽天

終わりに

雑誌の編集者から自身が世界中の身体改造の世界を体験、紹介する側となったケロッピー前田さん。

人と違ったことをするのを嫌う日本人にこの世界を紹介するのはなかなか勇気のいることとは思いますが

芸術的な要素だけでなく、身障者の方の生活を豊かにする義手や義足の分野での進化など

いろいろな可能性を秘めてる事がわかりました。

チップを身体に埋め込むという作業は使いようによってとても便利な生活が送れる未来になりそうです。

反対にプライバシーの侵害の危険性もありますが。。

これからも「クレージー・ジャーニー」に
登場予定のケロッピー前田さん

これからも様々な分野の身体改造について紹介して欲しいと思います。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク