香取秀俊教授の経歴や研究について!家族も気になる!

皆さん、こんにちは♪9月ももうすぐ終わってしまいますね!

つい最近ですが、山本KID徳郁さんが41歳という若さで亡くなられましたね。

格闘技にすごく詳しいわけではありませんが、

山本KID徳郁さんの全盛期は格闘技がすごく盛り上がっていたと思います!

格闘技を盛り上げた方が亡くなってしまうのは、とても悲しいことです。

ところでもうすぐ今年のノーベル賞の受賞者が発表されますね。

今回はそのノーベル賞の発表ということもあり、

候補者の一人と噂されている

香取秀俊教授についてご紹介したいと思います!

[ad#adsense]

ノーベル賞とは?

そもそも、ノーベル賞を皆さんご存知でしょうか?

名前だけは!という方が多いと思いますので、簡単にご説明したいと思います。

ノーベル賞とは、人類に役立つ研究や活動をした人におくられる賞です。

ノーベル賞には、物理学賞、化学賞、生理学・医学賞、文学賞、平和賞、経済学賞の6つの部門があります。

それぞれ毎年1回、各部門3人までノーベル賞が贈られています!

受賞者がどのように決まるのかは、公表されていませんが

専門の選考委員があらゆる研究や作品の中から、

最もふさわしいものを選んでいると言われています。

毎年、受賞者が発表されるのは10月です!(もうそろそろですね)

受賞者には、電話で知らされるようで何とも不思議な発表の仕方だなと思いました!

そして12月の授賞式でメダルと賞状となんと1億円もの賞金が渡されます!!

賞金の額に驚きですね!!1億円って。

こういうこと考えてはいけないかもしれませんが、

1億円もらったときの税金等はどうなるんでしょうか?

そこがとても気になった今日この頃です!笑

[ad#adsense]

今年のノーベル賞発表スケジュールは

それはさておき、今年のノーベル賞のスケジュールについてお伝えしますと、

2018年のノーベル賞は10月1日から8日にかけて受賞者の発表を行います。

10月1日11:30より生理学・医学賞の発表!場所はカロリンスカ医科大学にて。

10月2日11:45より物理学賞の発表!

10月3日11:45より化学賞の発表!

場所はスウェーデン王立科学アカデミーにて。

10月5日11:00より平和賞の発表!

場所はノルウェーノーベル委員会にて。

10月8日11:45より経済学賞の発表!

場所はスウェーデン王立科学アカデミーにて。

上記が正式日程となります!日本時間にすると、

7時間の時差があるので+7時間と思ってください。

そして。

今回文学賞は2019年に延期となりました。

理由としては、スウェーデンアカデミーのスキャンダルが今年発生したことだそうです。

この件についてはみなさんも報道でご存じと思います。

文学賞といえば、毎年のように話題になるのが

村上春樹さんの受賞ですよね。

2018年は残念ながら発表されないこととなりましたので

来年を楽しみにしたいです。

毎年のように日本人の受賞者を排出している

ノーベル賞ですが、今年も受賞候補として様々な

研究者の名前が取り上げされています。

今回は香取教授について実績やプロフィールを

ご紹介したいと思います。

香取秀俊教授のプロフィール

それでは、本題の香取秀俊教授についてご紹介したいと思います。

名前:香取秀俊(かとり ひでとし)

生年月日:1964年9月27日

職業:日本の工学者、東京大学大学院物理工学専攻教授

学歴:茨城県立土浦第一高等学校卒業、

東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻修士課程修了、

東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻博士課程中途退学、

東京大学大学院 論文博士

といった学歴もお持ちです!

そもそも高校もとても優秀な高校を卒業されていまして、

大学も日本一と言っても過言ではない東京大学。

学歴だけをみてもすばらしいなと思います!

経歴と受賞歴

それでは、経歴と受賞歴をみてみましょう!

主に受賞歴を詳しくご紹介したいと思いますが、

2001年、おそらく東京大学工学部

附属総合試験所協調工学部門助教授をされていたころかと思いますが、

丸文研究奨励賞を受賞。

2005年、東京大学大学院工学系研究科

物理工学専攻・助教授をされたいたころでしょうか、

この年には第一回日本学術振興会賞、

シュプリンガー応用物理学賞を受賞されます。

2006年、第20回日本IBM科学賞、丸文学術特別賞

2010年、東京大学大学院工学系研究科

物理工学専攻・教授をされていたころ、

第42回市村学術賞・特別賞を受賞

2011年、科学技術分野の文部科学大臣表彰・科学技術賞・研究部門、

第12回光・量子エレクトロニクス業績賞(宅間宏賞)、

フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞を受賞されます。

2012年は2011年度朝日賞、2013年は仁科記念賞、第54回藤原賞。

2014年は、秋の紫綬褒章受勲。

2015年は日本学士院賞。

2017年は江崎玲於奈賞。

15年以上もの間にこんなに受賞歴がありました!

難しい一般人にはあまり馴染みのない賞かもしれませんが

世界的に評価されているんですね。

香取秀俊教授を私は恥ずかしながら聞いたことありませんでしたが、

日本の誇れる素晴らしい研究者さんですね。

どんな研究をしているの?

香取秀俊教授の研究についてご紹介したいと思います。

香取秀俊教授の研究は、「光格子時計」についてです!そして、

光格子時計を開発しました。

時計?今更と思われるかもしれませんが、

これが超精巧な時計なんです。

この光格子時計はなんぞや?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、

原子時計のひとつでレーザー光を格子状に配し

極低温に冷却した原子をその中に閉じ込めて

電磁波の振動数の誤差を小さくした、

精度の高い時計のことなのです。

ちょっと原理が難しすぎて、

私は何とも言えないといったところです。

ですが、光格子時計は300億年に1秒しか誤差が生じない時計と言われています!!

腕時計をもっているのですが、時間がすぐずれてしまうので、

いつも時間を合わせるのが大変と思っています。

誤差がほとんど生じないということで、

こんな時計があったらうれしいですね!

家族について

香取秀俊教授のご家族について、多くの情報がありませんでした。

ですが、少しだけあった情報としては家族は

奥様と娘さんがおひとりいらっしゃるということです!

きっと、一人娘さんも優秀なんだろうと想像できますよね!

最近の主な受賞者

では、最近受賞された方々をご紹介してみましょう!

2017年受賞者は以下の通りです。

・医学、生理学賞

  • アメリカブランダイス大学のジェフリー・ホール名誉教授
  • 同じくマイケル・ロスバッシュ教授
  • アメリカロックフェラー大学のマイケル・ヤング教授

こちらの3人は、キイロショウジョウバエの遺伝子を調べて、

これが体内時計を調節できることを発見しました。

ハエの遺伝子が体内時計を調節できるなんて、すごいですよね!

・物理学賞

  • ライナー・ウェイス氏
  • バリー・バリッシュ氏
  • キップ・ソーン氏

この3人の受賞理由は、LIGO(ライゴ)への決定的な貢献と重力波の検出

ということです!これまで、直接観測されることのなかった

重力波を検出することを初めて成功させました!

聞いているだけで、話がぶっとんでいると思いました。

自分では到底考えつかない研究をしていると思いました。

・化学賞

  • ジャック・デュボシェ氏
  • ヨアヒム・フランク氏
  • リチャード・ヘンダーソン氏

この3人の受賞理由は、生体分子の画像化を単純化し

改善したクライオ電子顕微鏡法の開発 ということです。

ちょっと難しいですが、この顕微鏡は生物のたんぱく質などを

急速に冷却することで高解像度で観察できるものだそうです。

私は化学が苦手なのでちょっとわからない分野ですが、

きっとその道に進まれている方からすると素晴らしい研究なのかと思います。

・文学賞

長崎県出身の日系イギリス人作家 カズオ・イシグロ氏

この方は、日本でもニュースでかなり取り上げられていましたよね!

受賞理由としましては、偉大な感情の力を持つ数々の作品において、

世界と結びつく、われわれの幻想的感覚を深い奥底から見つけ出してきた

となっております。

・平和賞

核兵器廃絶に取り組んできた国際的なNGOの連合体

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)

受賞理由は、核兵器の使用による破滅的な人道上の結果に注目を集めるための取り組みや、

条約に基づいた核兵器の禁止実現に向けた画期的な努力 ということです。

こちらは、広島の被爆者の方々も喜ばれたということです

こんにちは。 とみーです。 きょうはもうすぐ発表される ノーベル賞の日本人の候補者の方について ご紹介したいと思います。 ...
こんにちは。トミーです。 もうすぐノーベル賞の発表ということで今年は誰が受賞するの? ってすごく気になります。 とは言え、とてもむ...

終わりに

自分の知らない世界にいらっしゃる方をお調べすると、

とても面白いなと思います。

私は、光格子時計について研究をしたいとも思ったことはありません。

でも、たくさんの人がいるようにそれだけ

興味のある分野がそれだけ多く存在するということですよね!

これからも、研究頑張っていただきたいと思います。

さて、今年も日本人受賞者はどうなるか。。

きょうも最後まで読んでいいただきありがとうございました。

こんにちは。トミーです。 もうすぐノーベル賞の発表ですね。 最近は毎年のように日本人が受賞していて 同じ日本人として誇らし...
こんにちは。トミーです。 もうすぐ10月です。 10月と言えばノーベル賞の発表がありますね。 日本は3年連続でノーベル賞を...
こんにちは。トミーです。 2017年も3か月となりましたが みなさんあと3か月でやりたいことなど ありますか? そうこういううち...

[ad#adsense]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク