池田陽子さん(サバジェンヌ)の経歴や年齢が気になる!

こんにちは。お変わりないですか?

みなさんはお魚はよく食べますか?

わたしはお刺身は大好きなんですが、煮魚はちょっと苦手です。

ここ最近、SNSやインターネット、料理サイトなどで、

主婦や女性の間で、ひそかに話題になっている食材の「サバ」。

そして、どこのスーパーでも買うことが出来て、

安くて、栄養成分も多く含んでおり、なんと言っても、色々な調理方法があって、とても美味しいのが人気の秘密です。

そんな人気の「サバ缶」とサバ缶を愛する女性池田陽子さんについて調べてみました。

スポンサード リンク

サバ缶って食べたことありますか?

「サバ」は、安いし、美味しいけど、

さばくのが面倒くさいという方も多いのではないでしょうか。

そんな面倒くさがりの方たちのために、

非常に便利な「サバ缶」をご紹介します。

数年前ですが、あるテレビ番組の中で、「サバ缶を食べるとやせる」といった内容が紹介されて以来、

一時は店頭から消えるほどの人気ぶりだった鯖缶。SNSでも拡散され、鯖缶ダイエットが定番のダイエット法の一つとなり、

今では、その人気はすっかり定着しました。

しかし「サバ缶」が、これほど広く受け入れられている理由は「サバ缶」がダイエット効果だけではなく、

ほかにも多くの健康効果が期待できるという点にあるのです。

実は「サバ」に限らず青魚全体に言えることですが、

サバ類、イワシ類、サンマなどの青魚には、

EPA(エイコサペンタエン酸)という成分が多く含まれており

この成分がダイエット効果に深く関わるため、

「やせる」といわれているのです。

わたくし自身も、ダイエットのために、

「サバ缶」を良く食べるのですが、

「サバ缶」ダイエットの効果をより高めるに、

食物繊維の多い食材である、アボカドやトマト、キャベツ、豆類などと、一緒に食べることを心がけています。

いくらダイエットの為とはいえ、毎日「サバ缶」はキツイですよね。

「サバ缶」ダイエットを継続する秘訣は、

ほんの少し食べる工夫をすれば、飽きずに食べられると思いますよ。

スポンサード リンク

全日本サバ缶連合会とは

そんな健康商品、ダイエット食材としても不動の人気に定着した「サバ」ですが、

なんと東京の西小山、武蔵小山周辺の「サバ」愛する方たちが結集して出来た「全日本サバ缶連合会」なる組織があるのです。

主な活動は、「サバ」をテーマにした飲み会「鯖ナイト」を不定期に開催。

回を重ねるごとに着実に参加者が増え続け、

現在では、日本全国の鯖料理を堪能したり、

鯖ライブや鯖に関わりの深い方のトークショーなどイベントを開催しています。

また最近では、鯖の漁獲量の高い県や消費量の多い県などとの交流やコラボレーションも行っています。

「誰でも知っている鯖を通して、鯖そのものや地域・食・環境を見直すきっかけを作る。」ことを目的に様々な活動を行っているようです。

池田陽子さんのプロフィールと経歴

日本のみならず、世界の鯖、鯖料理を楽しみ、

鯖文化を語り、鯖カルチャーを発信し、

鯖を通じて多くの人たちと交流を図り、そして、鯖のための環境を考える活動している「全日本サバ缶連合会」の、

外交担当しているのが、池田陽子さんです。

昔から、日本の各地で親しまれ、お馴染みの鯖を、全国区の人気に押し上げたのは、

実は池田陽子さんの発信力によるものが非常に影響を与えていると言っても過言ではないと思います。

自らを「サバジェンヌ」というほど、「サバ」に魅了され、

独自のサバ美容法を提案する池田陽子氏について、調査しました。

池田陽子さんは宮崎生まれ、大阪育ちです。

立教大学社会学部を卒業後、広告代理店を経て出版社にて

女性誌、航空会社にて機内誌などの編集を担当。

池田陽子さんは取材を通して、

カラダとココロの不調は食事で改善できるのではないか

という関心から国立北京中医薬大学日本校に入学し、

国際中医薬膳師資格取得しました。

池田陽子さんは現在は、薬膳アテンダント、

食文化ジャーナリストとして活躍されています。

池田さんのサバ愛がすごい

楽天
そんな池田陽子さんですが、

「サバ缶」に出会ったことで人生が変わります。

小学2年生の時に大阪出張のお土産の「バッテラ」に感動。

以後ケーキよりも「バッテラ」が大好物となり、

サバジェンヌへと成長したようですね。

そして、自らの知見と経験を通じて、

日本の食卓でなじみの深い「サバ缶」に魅了され、

お肌も喜ぶ究極の「サバ缶」やブランド鯖で作られた「サバ缶」、

より美味しく食べる方法などオススメ「サバ缶」や「サバ缶」を使ったアレンジ料理を池田陽子さんならではの感性で、次々に発信していきました。

現在の「サバ缶」ブームの火付け役と言っても間違いないでしょう。

*上の本は薬膳の本になります。

年齢や結婚は?

サバジェンヌ池田陽子さんの年齢を調査しましたが、全く公表されていません。

公表されていないとなるとますます興味がわいてきますが、

プロフィール写真や経歴から推測すると30代後半ではないでしょうか。

とっても美人な方ですので、さらに気に成るのは恋愛事情ですよね。

こちらも年齢同様、不明です。結婚はされていないようですが、

華やかな世界で活躍されているので、

ボーイフレンドはいてもおかしくないと思います。

終わりに

非常に美人の池田陽子さんも推奨する「サバ缶」は、

健康効果はすごいと思います。

そのまま食べても良いですが、飽きてきたら色々なアレンジや料理方法が、池田陽子さんの料理紹介サイトをはじめ、

様々な料理サイトで紹介されていますので、

上手に活用してレパートリーを増やしてみてはいかがでしょうか。

継続的に食生活に取り入れることで、ダイエットはもちろん、健康的な生活を送れると思います。

最近はスーパーなどでもさまざまなサバ缶が売られています。

昔と違い、(昔の缶詰はまずかった)

味も格段に良くなっています。もちろん非常食としても保存ができます。

サバというと塩焼きくらいしか思い浮かばなかったですが、

缶詰の登場でかえって料理のレパートリーの幅も広がりそうです。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

きょうも最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサード リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする