池田秀一の子供や娘について!年齢や子役時代も調査!

こんにちは。

お元気ですか?

あっという間に6月ですね。

梅雨の季節となりました。

まだ本格的な季節とは言えませんが、

湿気が気になる季節です。

気温も高くなってくるのでジメジメな空気で

休日に出掛けるのも億劫になってしまいますよね。

天気の悪い日の休日は水族館や映画館など室内で楽しめる場所は

どうしても混みますから、たまには家でDVDを借りてきてゆっくりするのもいいかもしれません!

映画館で見逃した映画や、昔好きだったアニメを一気に見るのもいいですね。

今回は誰もが知っている『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブルの声を演じていた池田秀一さんについて調べてみました!!

なかなかい渋くて素敵な声ですよね。

スポンサード リンク

池田秀一さんのプロフィール

名前:池田秀一(いけだ しゅういち)

生年月日:1949年12月2日(2018年現在68歳)

出身地:東京都

職業:声優、俳優、ナレーター

事務所:東京俳優生活協同組合

身長:162㎝

体重:60kg

池田秀一さんが所属している東京俳優生活協同組合は声優さんのプロダクションの最初にできた事務所みたいですね。

そこから有名な青二プロ(古谷徹さんなどが所属)

やプロダクションバオバブ(野沢雅子さん所属)などに分かれていったそうです。

もちろん今でも東京俳優生活協同組合には池田秀一さんはじめたくさんの声優さんが所属しています。

鋼の錬金術師や黒子のバスケなどに出演していて若い世代からの人気が

高い声優・諏訪部順一さん。

わたしの世代だと「サザエさん」の初代フネ役の麻生美代子さんや

「銀河鉄道999」のメーテル役の池田昌子さん。

そして「ルパン三世」の次元大介役で今でも活躍中の小林清志さんなども所属されていて

歴史ある事務所なんだなとわかりますね。

スポンサード リンク

これまでの主な出演作

TVアニメ

・1979年『機動戦士ガンダム』シャア・アズナブル

・1985年『機動戦士Zガンダム』クワトロ・バジーナ/シャア・アズナブル

・1985年『炎のアルペンローゼ・ジュディ&ランディ』ジョルジュ・ド・グールモン伯爵

・1988年『燃える!お兄さん』火堂害

・1994年『七つの海のティコ』スコット・シンプソン

・1999年『アークザラッド』シュウ

・2001年『名探偵コナン』ライ/赤井秀一/諸星大

・2004年『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』ギルバート・デュランダル

・2006年『彩雲国物語』紅邵可/ナレーター

・2008年『秘密〜The Revelation〜』MRIナレーション

・2012年『ONE PIECE エピソードオブルフィ 〜ハンドアイランドの冒険〜』シャンクス

・2016年『機動戦士ガンダムUC RE:0096』フル・フロンタル

などなど…。

代表作の機動戦士ガンダムだけでなく他の

ガンダムシリーズにも出演されていたんですね!

映画の吹き替え

・アイアンマン

・エイリアン2

・13日の金曜日 完結編

・タイタニック

・007 ダイ・アナザー・デイ

・ナルニア国物語/第1章 ライオンと魔女

・ワイルド・スピード

などなど…。

本当の多くの作品の吹き替えを担当しているので、

幅広い年代の方が池田秀一さんの声を聞いたことがあるのではないでしょうか。

天才子役だった?

声優としてとても有名な池田秀一さんですが、

実は子役として芸能界入りしたのが最初なんです!

そのきっかけは児童劇団に所属している友人がいて、

その友人に誘われたことです。

1958年池田秀一さんが9歳の頃から子役として活動されていて、

NHKのドラマ『次郎物語』の主人公を務めるなど、

“天才子役”と言われていました。

子役時代のあだ名は「秀坊」。

声優をしているときも子役時代の名残で「秀ちゃん」と呼ばれていました。

役者としての出演作品を紹介します。

・1960年『少年探偵団』ケン

・1964年『次郎物語』次郎

・1968年『大河ドラマ 竜馬がゆく』忠吉

・1974年『太陽にほえろ!』第105話、第244話

・1975年『大河ドラマ 元禄太平記』松平右京大夫輝貞

・1977年『大河ドラマ 花神』寺島忠三郎

・1977年『水戸黄門 第8部』第3話

・1996年『ウルトラマンティガ』第7話

・2010年『大魔神カノン』大学学部長

子役、俳優としてもとても有名な作品に出演されていたんですね!

最近もドラマにご出演されてますね。

俳優としてドラマ出演、アニメの声優、洋画の吹き替え、

ナレーションなど本当に様々な場面で活躍されていてとても忙しい日々を送っていたんですね!!

結婚と妻について

池田秀一さんは30歳のときに同じく声優で当時22歳だった

戸田恵子さんと結婚されています。

2人が出会ったのは『機動戦士ガンダム』です。

結婚当時は「シャアとマチルダが結婚」と騒がれていたようですね!

戸田恵子さんといえば、アンパンマンや鬼太郎、

トーマスなどの超有名キャラクターの声優、

ドラマ『ショムニ』で女優として多くの人に愛されている方です。

しかし、池田秀一さんと戸田恵子さんの結婚生活は長く続かずに離婚されています。

離婚理由は明かされておらず、離婚後の共演もなかったことから

円満離婚ではなかったのかもしれないと思われていましたが、

2010年のアニメ専門雑誌『月刊エース』で2人の対談が実現し、

2ショット写真も掲載されていました。

たまたま共演がなかっただけで円満な離婚だったのかもしれませんね。

池田秀一さんは戸田恵子さんと離婚後は同じく

声優として活躍されている玉川砂記子さんと再婚されています。

声優同士の結婚はとても多いようですね!!

現在の妻・玉川砂記子さんの基本的なプロフィールは…

名前:玉川砂記子(たまがわ さきこ)

生年月日:1962年1月20日(現在56歳)

出身地:東京都

職業:声優、女優、歌手、ナレーター

所属:シグマ・セブン

池田秀一さんとは12歳差の年の差婚です。

玉川砂記子さんの主な出演作品

・1982年『南の虹のルーシー』クララ・ポップル

・1988年『F-エフ』

・1990年『NG騎士ラムネ&40』アララ・ココア

・1991年『ゲンジ通信あげだま』九鬼麗

・1992年『あしたへフリーキック』伍代香苗

・1996年『逮捕しちゃうぞ』辻本夏実

・2002年『炎の蜃気楼』門脇綾子

・2005年『創聖のアクエリオン』ソフィア・ブラン

などなど…。

玉川砂記子さんは声優、女優だけではなく歌手としても活躍されていて、

玉川さきこ名義で『ムーミンのテーマ』もカバーしています。

池田秀一さんと玉川砂記子さんの馴れ初めについて調べてみましたがわかりませんでした。

共通の知り合いの紹介とかでしょうか。

子供や娘について

池田秀一さんに子供がいるかどうか調べてみましたがいないようです。

しかし、池田秀一さんを検索すると「池田秀一 娘」というキーワードが出てきます。

池田秀一さんに子供がいないのに“娘”というキーワードが出てくるのは、

同じく声優の恵子さんの娘の潘めぐみさんと共演されていることが原因のようです。

潘恵子さんとは『機動戦士ガンダム』で共演しているのですが、

娘の潘めぐみさんとは『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 赤の決意 哀しみのアルテイシア』で共演しているんです!

みなさん『機動戦士ガンダム』に出演されているので

そのようなへんな情報が飛び交うのかもしれませんね。

池田秀一さんには子供はいませんが、

『機動戦士ガンダム』共演者の娘ということで、

もしかしたら潘めぐみさんのことは本当の娘のよう

に可愛がっているかもしれませんね。

終わりに

『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブル役を演じた声優として知名度が高い池田秀一さんですが、

実は子役としてデビューしていて、天才子役とも言われていたんですね!

声優で女優の戸田恵子さんと離婚されて、

現在は玉川砂記子さんと再婚されて子供はいないようですが、

これからも声優夫婦として仲の良い姿を見せて欲しいですね。

池田秀一さんは2018年4月から放送されている

『PERSONA5 the Animation -THE DAY BREAKERS-』にも獅童正義役とし

て出演されています!

洋画の吹き替えでもたくさん活躍されている声優さんなので、

今後どんな役を演じられるのか楽しみですね!

最近はわたしの大好きな「名探偵コナン」での赤井秀一役が有名です。

これはもちろん「機動戦士ガンダム」の赤い彗星のシャアから来ているんですが

「名探偵コナン」の原作者がガンダムファンだということは有名な話ですよね。

もうひとりの「名探偵コナン」の人気キャラ安室透も「ガンダム」の

主人公アムロ・レイから来ていることは有名です。

そして声を担当されているのが赤井秀一役が池田秀一さんで

安室透役が古谷徹さんという

わたしみたいな1980年台アニメのファンにも

とても興奮のキャスティングや設定になっているんです。

しかもこの赤井秀一と安室透がとってもかっこいいんです。

謎も多いし、セリフやら立ち回りがいちいち女心をくすぐるんです。

2018年の劇場版「名探偵コナン」は安室透がメインの内容となてっていて、

赤井秀一がまったく登場せず赤井秀一ファンとしては物足りない作品となったかもしれません。

おそらく次回2019年度には赤井秀一さん登場か!

と思ったら次回2019年はこちらも人気キャラの

怪盗キッドがメインの作品になるみたいですね。

今まで赤井秀一がメインになった映画がありませんね~。

いこれは。。2020年東京オリンピックの年にはぜひ

赤井秀一メインでの劇場版を作って欲しいとせつに願う一ファンでした。

そしてその作品ではもちろん安室透との対決もぜひ!

この2人メインなら必ずや興行収入記録更新でしょうしね。

「機動戦士ガンダム」のシャアでから役40年。今も変わらず第一線で活躍する

池田秀一さんは年齢を増すごとに声も深みをましていると思います。

池田秀一さんが演じた「彩雲国物語」の主人公のお父さん役も好きだったな~。

主人公の秀麗を暖かく見守る穏やかな父親を深みのある落ち着いた声で演じていて、

こちらも再放送などあったらまた見直したい作品です。

きょうも最後まで読んでいただいてありがとうございした。

スポンサード リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする