家田荘子は今現在僧侶らしいけど夫や子供は?年齢も気になる!

こんにちは。とみーです。

毎日暑いです。

エアコンフル稼働で電気代が怖い!

ちょっと歩いただけでくらくら来ます。

日本はどうなっちゃうんでしょうか。。

さて、みなさん家田荘子さんをご存知ですか?

「極道の女たち」がベストセラーになった作家さんで

一時期テレビのバラエティ番組などで

コメンテーターとしてもご活躍されていました。

そう言えば、最近はお見かけしなくなりました。

そんな家田荘子さんの現在などを調べてみました。

スポンサードリンク

家田荘子さんのこれまで

楽天
家田荘子さんといえば「極道の妻たち」

これで「ごくどうのおんなたち」と読みます。

略して「極妻(ごくつま)」とみんな読んでましたね。

極妻といえば岩下志麻さんです。

「極道の妻たち」は家田荘子さんが

1985年に発表したルポルタージュで小説ではありませんでした。

そして原作は「極道の妻(つま)たち」と

もともとの字をそのまま読むんだそうです。

この家田荘子さんの代表作「極道の妻たち」は

1986年に第一作目が制作され

岩下志麻さん主演で公開されました。

その後第2作を十朱幸代さん

第3作を三田佳子さんが主演されています。

第4作(1990年公開)から再び岩下志麻さんが主役に戻り

1998年の第10作目まで岩下志麻さんが主演

女優の岩下志麻さんの代表作ともなりました。

家田荘子さんはもともと週刊文春のルポルタージュとして

「極道の妻たち」を連載していました。

書籍として出版されたのは1986年です。

それ以前に「俺の肌に群がった女たち」という本を発表しています。

2冊めの「極道の妻たち」で一躍人気作家

となり、

その後現在までエイズ患者や、

ヤクザの妻、代議士の妻、

歌舞伎町の人々、性産業に従事する人など

その実態があまり知られていない人々にスポットを当てて

自らその世界に飛び込んで体験する

主にルポルタージュとしての作品を発表

されています。

これまでに発表された作品は

Wikipediaで紹介されているだけでも

80冊以上になります。

最近の作品は2017年の「熟年婚活」

楽天
ですから1985年の一冊目から

ずっとコンスタントに作品を発表されているんですね。

ルポだからテーマも決めないと行けないし

取材先との交渉とか体験形式での

ルポも多いからまさに身体を張っての

体当たりの取材にもとずいた記事。

わたしは読んだことはありませんが

臨場感半端無いのでは?

いや~、すごいですね。

その行動力や意欲がすごいです。

そしてテレビでもよくコメンテーターとしてご出演されていました。

スポンサードリンク

今現在は出家?

楽天
家田荘子さんの現在ですが

なんと出家されてるらしんです。

出家といえば瀬戸内寂聴さんも出家されてますよね。

家田荘子さんはどうして出家されたんでしょう。

家田荘子さんのことですから

ちょっと気まぐれなんてものではないはずです。

いろいろ調べると

もともと家田荘子さんは

『見えない物が見える』体質だったらしいです。

成仏していない霊など。。

1980年代に極妻で一躍時の人となった家田荘子さんは

20代で結婚したアメリカ人男性と、離婚しています。

30代の時にはやはりアメリカ人のくじん男性と結婚します。

お子さんも誕生しましたが

夫の浪費癖の問題など金銭トラブルもあり

7年後には離婚しています。

お子さんの親権は元夫が持ち

家田荘子さんは毎月40万円もの

養育費を払っていたそうです。

極道の妻たちで一躍世間から

注目されるようになった家田荘子さんは

注目されるよ同時にかなりバッシングもされたようです。

女性が体当たりなルポルタージュを発表したことは

まだまだ男性社会の出版会では嫉妬の的となったのでしょうか、

知名度が上がるほどバッシングも強くなり

精神的にも参ってしまいストレスのあまり

自律神経失調症になってしまったとか。。

浪費癖のある元夫でも娘を託さざるを得ないって

やはり精神的にも肉体的にもつらかったんでしょうね。

そんなストレスから逃れるためか

家田荘子さん自身も不倫の道に走っていたこともありました。

相手が既婚者だということはわかっていましたが、

その不倫相手が優しい人だったので

家田荘子さん自身から分かれることができなかったみたいです。

ですが結局相手の方から別れを告げられてしまいます。

そんな関係は長く続きませんよね。

さまざまなことから家田荘子さんは

一時期自殺も考えたことくらい追い詰められました。

その時には異変を察知した家田荘子さんの

担当の編集者が駆けつけ

間一髪大事には至りませんでした。

もともと小さいころから成仏していない

霊が見える体質だった家田荘子さんは

年齢を重ねるごとに霊とのやり取りだけでも

かなりなエネルギーを消耗するようになりました。

そんな時知人から

「あなたみたいな霊媒体質の人はお行をした方がいいわよ」

とアドバイスを受けます。

そのアドバイスを受け、家田荘子さんは

2007年に高野山大学で伝法灌頂を受けて正式に僧侶(高野山真言宗僧侶)の資格を得ています。

伝法灌頂(でんぼうかんじょう)とは

阿闍梨という指導者の位を授ける儀式です。

真言宗では、伝法灌頂を受け阿闍梨位を得て、

はじめて正式な僧侶と認められます。Wikipediaより

家田荘子さんは水行や山行などいろいろな修行に取り組みました。

現在家田荘子さんは鹿児島県で在家出家として

お寺に入ることなく僧侶としての

活動や修行を行っています。

在家出家とは出家せず家庭で世俗、

在俗の生活を営みつつ仏教に帰依する者のことです。

一般的には在家信者は出家者に

お布施を行うことにより功徳を積見ます。

家田荘子さんは鹿児島で在家出家として僧侶となり、

16年前に結婚した男性とともに暮らしています。

現在僧侶として高野山の奥の院、

または総本山金剛峯寺にて

駐在(不定期)し、法話を行ったり、

1923年の関東大震災で亡くなった500人の

吉原遊女の供養を毎月行うなどされています。

また将来は女性の駆け込み寺を

作りたいという思いもあります。

困っている女性を救いたい。

家田荘子さんの一番の思いかもしれませんね。

夫や子供について

これまでも少し触れてきましたが、

家田荘子さんはこれまで4回結婚されています。

最初が20代でアメリカ人男性と

そして同じくアメリカ人の黒人代性との結婚

その方との間には女の子も授かりましたが、

金銭問題などもあり離婚されています。

お子さんは男性側に親権が渡りました。

家田荘子さんは毎月40万円もの養育費を支払っていました。

現在も娘さんとの関係は良好なようで時々やり取りがあるそう。

すでに娘さんはアメリカでご結婚されて、お子さんもいます。

家田荘子さんはお孫さんもいるんですね。

この2番めの結婚相手は2016年に亡くなっています。

3度めの結婚は日本人男性。

しかし、結婚後すぐに夫の借金などが

発覚し程なく離婚されています。

4度目の結婚は2003年です。

やはり日本人男性。

登山で知り合った1歳年上の実業家です。

この男性は離婚歴もあり、お子さんもいますが

すでに成人しているんだとか。

まあ、お互いその時に独身なら問題ないですよね。

お互いにいろいろと過去にはあるんだし

それを受け入れてこその夫婦だと思います。

しかも家田荘子さんはおとなしく家に

収まっているタイプではありません。

現在もかわらずルポライターとして活動しつつ

在家出家の僧侶としての活動。

メディアでの露出。

ちょっとの過去くらいお互いどってことないと思います。

きっと今のご主人もそんな

「じっとしていられない家田荘子さん」を

好きになったんでしょうから!

ちなみにこれまでの夫は家田荘子さん収入的にも上回っていたので

妻が家族を養うという感じだったそうですが

現在のご主人は「男性が家族を養うのが当たり前」

というまあ、日本人的考え方の人で

こういう男性は家田荘子さんにとって初めてだったんだとか。。

いろいろな意味で懐の深い男性と言えますね。

やっと自分にぴったりの男性にめぐりあうことができて

良かったですね。

家田荘子さんのプロフィール

氏名:家田荘子(いえだしょうこ)

生年月日:1958年7月22日

出身地:愛知県知多郡武豊町

出身校:愛知県立半田高等学校

日本大学芸術学部放送学科

高野山大学大学院文学研究ぁ密教学専攻修士課程終了

ノンフィクション作家、僧侶

終わりに

楽天
家田荘子さんはこれまで一貫して

女性の生き方フォーカスを当てて

さまざまなルポルタージュを

自ら体験して発表してきました。

ルポルタージュの発表だけでなく、

自らも4度の結婚、在家出家など

自分の人生のルポルタージュも

書けるんじゃないかと思えるほどの

いろいろなことを経験されてきました。

まさに波乱万丈。

たいへんだと思いますが

メディアに登場する家田荘子さんは

いつでもいきいきしています。

これからも身体に気をつけて

さまざまな世界を世間に教えて欲しいと思います。

最後までこの記事を読んで頂いて

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク