本多京子の娘や年齢について調査!夫はどんな人?

こんにちは。

4月に入り、進学や進級、入社などで新しい生活が始まる人も多くいますよね!

中には、最近初めて実家を出て、一人暮らしを始めたなんて人もいると思います。

実家では母親が掃除、洗濯、料理を全てやってくれていたので

全く家事が出来ない状態で一人暮らしを始めた人も少なくないのではないでしょうか?

私も一人暮らしを始めたときは、

仕事で疲れて帰ってきてそこから料理を作ったりする気にはなれずにコンビニ弁当が多かったです…。

しかし、コンビニ弁当では栄養が偏ってしまいまって体調を崩してしまうこともあるかもしれません!

休みの日くらいは自炊して栄養バランスのとれた食事を取りたいものですね。

皆さんはどこで料理のレシピを学んでいますか?

レシピ本やテレビ、最近では料理アプリなんかもあるので

冷蔵庫にあるもので作れる料理を簡単に検索出来て便利ですよね!

テレビでは料理研究家や管理栄養士などが詳しく解説しながら

作ってくれるので、分かりやすくて作ってみようという気にさせてくれます。

今回はテレビや雑誌などで活躍している管理栄養士の本多京子さんについて調べてみました!

スポンサードリンク

本多京子さんのプロフィール

楽天

名前:本多京子(ほんだ きょうこ)

出身地:東京都巣鴨

生年月日:1948年(2018年で70歳)

職業:医学博士・管理栄養士

今年で70歳というのは驚きでした…!とても綺麗な方ですよね!

管理栄養士とはどのようなものなのでしょうか?

スポンサードリンク

管理栄養士とは、

「病気を患っている方や高齢で食事がとりづらくなっている方、健康な方一人ひとりに合わせて専門的な知識と技術を持って栄養指導や給食管理、栄養管理を行う」

栄養士とはどう違うのでしょうか?

栄養士とは、

「主に健康な方を対象にして栄養指導や給食の運営を行う」

管理栄養士は“栄養のプロ”で、主に病院や福祉施設で活躍されています。

栄養士は“食生活アドバイザー”で、給食提供と栄養指導をされる人です。

管理栄養士になるためには管理栄養士養成課程(4年制)に入学して、

管理栄養士国家試験を受験する必要があります。

それに比べて、栄養士は栄養士養成課程(最短2年)に入学、

栄養士に必要な知識と技能を習得して卒業すれば栄養士免許を取得できます。

栄養士は国家試験なしで得られる資格なんですね!

栄養士の上の資格が“管理栄養士”ということなんでしょうかね。

これまでの経歴は

本多京子さんが料理の道へ進んだきっかけは、

生まれた家が商売をしていて、忙しかった為自主的に料理を始めたことのようです。

なんと7歳のころから台所に立っていたそうですよ!

魚屋さんや八百屋さんがまだ幼い本多京子さんに、

食材の特徴や栄養、調理方法など丁寧に教えてくれたんだとか。

本多京子さんの経歴は、

実践女子大家政学部食物学科卒業後、

早稲田大学教育学部体育整理学教室研究員を経て、

東京医科大学で医学博士号取得。

本多恭子さんが管理栄養士を取得したあとに医学の勉強をしたのは、

栄養学の背景には医学的な要素があるので、

予防医学的な栄養学の分野を切り開くには、

医学の世界の勉強をしなければいけないと

先生に言われたからなんっだそうです。

本多京子さんは2007年4月に策定された国民運動「新健康フロンティア戦略」の健康大使を務めています。

「新健康フロンティア戦略」とは、

「健康国家への挑戦」と題して、国民の健康寿命を伸ばすことを

目標とする政府の10カ年計画のこと。

本多京子さんは日本体育大学女子短期大学では小児栄養学を担当。

現在本多京子さんはNPO日本食育協会並びに日本食育学会理事を務めています。

プロ野球、ラグビー、スキー、相撲などのスポーツ選手の栄養指導の経験も豊富です。

他にもエステティックの専門学校講師、日本紅茶協会ティーインストラクター会長、

アロマテラピープロフェッショナルなども務めています。

紅茶はまだ飲食関係ということで分かりますが、

医学博士号やエステ、アロマテラピーまでとても幅広い知識を持っているんですね!

様々な分野に造詣が深いんですね。

娘さんについて

本多京子さんには娘さんがいるようなのですが、

名前や年齢などの情報は出てきませんでした。

本多京子さんの年齢が70歳ですから、

娘さんは30〜40歳くらいでしょうか?

そうすると孫がいてもおかしくありませんね!

娘さんに関する情報はないものの、

本多京子さんは娘さんを育てた教育論を語っているものがありました。

娘さんの塾を選ぶ基準は、夕食がしっかりと食べられるかどうか。

食事がしっかりと食べられないと勉強の効率が上がらないので、

食べることが生きる基本。

食べることをどのように考えるかが人生の基本であると教えてきたそうです。

娘さんが好き嫌いをしたときには、

嫌いといっても何回でも同じものを出す。

食べてもらいたいものを食べなかったら空腹体験が一番なんだとか…。

食事に関してとてもストイックな教育ですね!

小さい頃って食べず嫌いも多いのでいいかもしれませんね。

あとはアレルギーの有無など問題ないなければ

できるだけいろいろな食材を摂取できたほうがいいですね。

夫はどんな人?

本多京子さんの旦那さんについて調べてみたのですがこちらも情報はありませんでした。

様々なジャンルの勉強をされていますし、男性と出会う機会はたくさんありそうですよね!

同じ食事関係の仕事の方かもしれませんし、お医者さんかもしれませんし…。

管理栄養士の奥さんがいるなんて毎日美味しくて栄養バランスの良い食事が食べられて幸せですね!!

しかも医学にも詳しい方ですからきっと夫婦で健康的な日々を送っているのでしょう。

おすすめ著書は?

楽天

楽天

楽天
本多京子さんは様々なテーマでの食に関する調書が多数あります。

わたしは血圧が高いのにやはり塩分の本なふぉは気になりますね。

みなさんもぜひ一度本多京子さんの著書を手にとってみてください。

終わりに

テレビや雑誌、講演など様々な場所で活躍されている本多京子さん。

調べてみると栄養のことだけでなく、医学やエステ、アロマテラピーなど

本当に幅広いジャンルの知識を持っている方だということが分かりました!!

幅広い知識を持ち合わせているからこそ、バランスが良くて美味しい料理が作れるんですね!

これからも体に優しい食事の情報などを発信してほしいですね!

きょうも最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク