原晋監督(青山学院)の妻や子供は?名言や年収も気になる!

こんにちは。トミーです。

毎年お正月になると実家で箱根マラソンや実業団マラソンを見るのが

恒例行事となっています。

皆さんのおたくではどうですか?

ここ数年箱根駅伝と言うと青山学院大学の活躍が話題になていますよね。

スポンサードリンク

原晋監督のプロフィール

名前:原晋(はら すすむ)

生年月日:1967年3月8日

出身地:広島県三原市糸崎町

身長:176cm

体重:81kg

原晋監督の幼少期のあだ名は「すーちゃん」。

とても活発な少年だったようです。

小学生の頃からスポーツ万能で、ソフトボールでは4番でピッチャー、

相撲では原晋少年は主将を務めるほどでした。

小学4年生のときに事故で足を複雑骨折をしてしまいます。

このことがきっかけで原晋監督はリハビリとしてジョギングを始めたといいます。

原晋監督は雨の日でもかかさず走っていたそうで、

原晋少年は自分の決めたことはやり通す意思の強い少年でした。

中学校に上がってからは原晋少年は陸上部で長距離をはじめ、

1年生のころのマラソン大会で校内1位となります。

高校は駅伝の強豪校である世羅高校に進学。

大学は世羅高校のOBが監督を務めていた中京大学に進学しています。

スポンサードリンク

選手時代

監督としてとても有名な原晋監督の選手時代について調べてみました。

学生時代には高校3年生の頃主将として全国高校駅伝に貢献、

大学3年生で日本インカレ5000メートル3位という成績を納めています。

大学卒業後の1989年に中国電力に入社し、

陸上競技部を創設しました。

1993年には原晋監督は主将として全日本実業団駅伝初出場に貢献しています。

原晋監督は高校時代からリーダーとして

チームを引っ張っていく素質があったようですね!

しかし、怪我が原因で入社5年目の27歳の頃選手生活を引退しました。

原晋監督は引退後は10年間中部電力でサラリーマン生活を送っています。

サラリーマン時代には支店の中でも下の方の

山口県徳山市の営業所に配属されましたが、

存在価値を認めてもらいたいという思いから企画、

広報、営業と様々なことにチャレンジしたそうです。

その結果、原晋監督は企業用の約1000万円もする

蓄熱式空調システム「エコアイス」を社内で一番売り上げて評価を上げ

新規事業を立ち上げました。

選手生活を怪我で引退していて落ち込むのが当たり前だと思いますが、

原晋監督サラリーマンとしても素晴らしい成績を納められていて、

「伝説の営業マン」と自称しているそうです。

何に対しても一生懸命取り組まれて活躍できる方なんですね!

青山学院大学監督時代

「伝説の営業マン」としてサラリーマンとしても

いい成績を残されていた原晋監督はどのようにして

青山学院大学の監督に就任されたのでしょうか。

世羅高校時代の後輩で、

青山学院大学OBである人から

「うちの母校が駅伝を強化しようとしているのですが、監督をしてみませんか?」という話をもらいます。

監督のオファーに原晋監督はとても悩んだといいます。

3年という期限付きの雇用だったため、

安定した生活を捨てなければいけなかったからです。

原晋監督は決断するのと奥さんを説得するのに

約1年半もかかったようです。

原晋監督は2004年36歳のときに会社を退社して

青山学院大学陸上競技部・長距離ブロック監督に就任されました。

「中途半端では学生から見透かされる」と思い、

会社を辞めて退路をたっています。

相当な覚悟を持って監督就任をされたんですね!

当初は選手のスカウトにとても苦労されたようです。

原晋監督は箱根駅伝に出場経験もなく、

青山学院大学のOBでもなかったので

「大学は素晴らしいけど、駅伝は箱根に出ていないんでしょう」

と断られたといいます。

しかし、原晋監督の出身校である世羅高校と

出身大学の系列である中京大中京高校からは

継続的に選手が入部していました。

原晋監督は『箱根駅伝に3年で出場、

5年でシード権、10年で優勝争い』と宣言。

ですが就任3年目の予選会では16位と惨敗。

長距離部門が廃部寸前になったこともあったそうです。

しかし、2008年の第84回箱根駅伝で

チームを総合4位に導きます。

そして第85回の記念大会で青山学院大学陸上部はついに

箱根駅伝出場を果たします。

青山学院大学陸上部としては33年ぶりの箱根駅伝出場になりました。

そして2010年には8位になり、41年ぶりのシード権獲得。

11年には9位、12年で5位、出雲駅伝で優勝、

14年の全日本駅伝で3位になるなど徐々に成績があがっていきました。

2015年の箱根駅伝で創部97年目にして初めての総合優勝を果たしました。

2016年の箱根駅伝・出雲駅伝・全日本大学駅伝に優勝し、

『大学駅伝三冠』を達成します。

更に2017年第93回箱根駅伝で3年連続優勝を果たしました。

廃部寸前だった部を約10年で強豪校にまで育てあげ、まさに有言実行されていますね!

妻はどんな人?

原晋監督は1996年に原美穂さんという方と結婚されています。

お二人は同い年のようです。

原美穂さんは青山学院大学町田寮の寮母をされていて、

原晋監督が青山学院大学に入ると同時に寮母に。

原晋さんと原美穂さんは寮に住み込みで

学生たちの生活のサポートをされています。

青山学院大学の明るいチームの雰囲気は

原美穂さんの存在が大きいようですね。

原美穂さんの主な仕事は、炊事。掃除、買い出し、来客への対応、

領収書の処理などなど。なかなか大変そうです…。

陸上競技の経験もなく、

結婚してからは専業主婦だったそうで、

寮母になってからは毎日必死だったといいます。

原美穂さんは選手たちに対して厳しく叱ることもあるそうですが、

選手たちの恋愛相談にのったり、

原美穂さんの誕生日にはエプロンをプレゼントされたりと、

とても親しまれているようです。

寮母の仕事は1日も休めないそうですが、

「まあ、母親っていうのはそんなもんだから」と笑っていたようです。

選手にとっても原美穂さんにとっても親子のような関係なんですね。

青山学院大学の駅伝チームが今のように

強豪校として活躍できるようになったのには

原美穂さんの支えがあってこそだったようです。

子どもはいるの?

原晋監督の奥さんである原美穂さんはとても子供好きで、

幼稚園や小学校の先生になりたいと思っていたこともあったようですが、

お二人の間に子供はいないようです。

原晋監督も原美穂さんも多忙な日々を送っていたので、

子供を設ける時間がなかったのかもしれませんね。

原晋監督の名言とは

原晋監督の名言をいくつか紹介します。

・勝つためには泥臭いことを積み重ねていかなければならない

・人は暗いところからは力は出ない。すべて明るさから始まる

・しっかりと自分の軸を持って本物を追求すれば、いつか周りが認めてくれる。本物だけが、勝ち続けられる

・監督の言葉をそのまま聞くような選手には興味がない

・人間は生まれも育ちも不公平だが、たった一つ公平なものがある。それは、1日24時間という有限で貴重な『時間』という資源だ

・スポーツでもビジネスでも、出来もしない努力目標は、ただの掛け声のようなものにすぎない

まだまだ名言を残されていますが、どれも深くて心に刺さるような言葉ですね。

また、毎年のスローガンを決められていますが、それがとてもユニークで有名です。

2017年は『サンキュー大作戦』。

「駅伝3連覇、3冠が手の届くところにきている。

心の底から『ありがとう』と言える戦いをしていきたいと思います。

サンキュー大作戦、サンキュー!」

大会3連覇と大学3代駅伝3冠をかけたものと、

箱根路で9度目の指揮にあたることからこのスローガンを思いついたそうです。

ちなみに2015年は『ワクワク大作戦』、

2016年は『ハッピー大作戦』でした。

終わりに

廃部寸前だった弱小チームを約10年という期間で

箱根駅伝3連覇の強豪校に育て上げた原晋監督。

青山学院大学の駅伝チームはとても明るいチームとして知られていますが、

原晋監督のユニークさや奥さんの原美穂さんの

サポートがあってこそのようですね。

今後も原晋監督がどのようなスローガンを掲げて駅伝に挑むのか、

青山学院大学駅伝チームの更なる活躍に注目です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク