原坂一郎の経歴や年齢?家族についてや創価学会の噂について!

先日、マツコデラックスさんが司会されている某テレビ番組に、ゲストで出演されていた原坂一郎さん。なんだかとても気になる存在。ということで、調べてみました。

スポンサード リンク

原坂一郎氏のプロフィール

・名前 原坂一郎
・誕生日 1956年9月
・出身地 兵庫県神戸市
・最終学歴 関西大学社会学部

「こどもコンサルタント」という肩書で、様々なこども関連の書籍を発行したり、

これまで700か所以上をまわり、日本全国で講演会などを開催されているようです。
また、

「テレビ寺子屋」(フジTV)や「となりの子育て」(NHK)始め、様々なメディアにも出演されています。

スポンサード リンク

これまでの経歴は?

関西大学卒業後、独学で保育士資格を取り、当時では珍しい男性保育士となったようです。

23年にわたる保育士生活では、どんな子も笑顔になるユニークな保育で「スーパー保育士」と言われているようです。

また、現在、KANSAIこども研究所所長、日本笑い学会理事、関西国際大学教育学部非常勤講師 、 保育士、FMラジオパーソナリティ、新聞コメンテーターなど様々なステージで活躍されています。

さらに、この原坂一郎さんは違った一面も持っていて “怪獣と50年暮らしてきた怪獣博士”という別名を持つほど怪獣が大好きで、

「良い子が育つ怪獣の世界」をテーマに講演するなど怪獣の知識もとっても豊富なのです。

また、ご自宅は、まさに「怪獣ミュージアム」というほど、愛する怪獣コレクションで満ち溢れており、

貴重なコレクションやテレビの怪獣作品のコレクターなのです。

怪獣、ウルトラマン、ゴジラを中心にフィギアが約1000点。

雑誌やポラマイドなどを合わせると約5000点ものコレクションをお持ちのようです。

フィギアの展示は、ジオラマ再現したものまであり、本格的なコレクターのようです。

驚くべきことは、自宅のファサード周りもウルトラマン風に改装されています

事務所兼自宅のようですが、2Fの「怪獣ミュージアム」は、一般の方も訪れることができます。

また、保育士時代に職場結婚されて、家庭では2男1女のお父さんだそうです。

こどもコンサルトとは?

原坂一郎さんの肩書でもある「こどもコンサルタント」とは、一体どういったお仕事なのでしょうか?非常に興味があって、調べてみました。

色々と調査しましたが、これといった定義や公的な資格はなく、一言でいうと「子どもの専門家」でなく「子育ての専門家」のようです。

主に幼児期のこどもを対象にしていますが「自分らしさを備え自ら伸びるチカラを育む」ため、

「子どもの特性を把握し伸ばす」また「保護者を理解し子育てのためのファミリービルディングを支援する」という

2軸で子育てのホームドクターとして家庭に寄り添うような存在のようです。

この2軸のアプローチにより、子どもたちは「自分らしさ」を備え「自ら伸びていく」ことができるとのです。

なんだか固いお話ですが、要するに「育児をする大人」、「成長するこども」の両面をサポートするお仕事のようです。

原坂一郎さんも、23年間にわたり神戸市内の6か所の保育所で勤務経験から育児を行うお父さん、お母さんへの説得力もあって「こどもコンサルタント」として活躍されているのです。

原坂一郎さんの公式ホームページ内「子どもの声」のページには、子育てのヒントが数多く掲載されています。

楽天

結婚と家族について

多くの男女が恋愛をし、やがて「結婚」、そして「家族」になります。

恋愛をすることで、一生を添い遂げる伴侶となるべく人を見つけ、

「結婚」という公的な宣言を行うことで、世間に「家族」として認めてもらうわけです。

そうすることで二人を取り巻く環境において、他者から認めてもらうことになるわけです。

そうすることで、二人が生活していく上で必要な様々な事柄において、他者からの認知や支援を受けることができ、安心した生活を送るためのものだと考えます。

そして、その安定した「生活」を基盤に、子孫継承として「こども」を育て、「家族」が増えていきます。

そして、その大切な「こども」をいかに育て、継承させていくかが、「子育て」の非常に重要なポイントとなります。

そいった観点から考えると、経験豊富な「こどもコンサルタント」が必要とされることは、必然なのでしょう。

創価学会との関係は?

「こどもコンサルタント」原坂一郎さんですが、「聖教新聞」への記事掲載や創価学会での講演が数多く見られます。

ということは、創価学会との関係も深いと想像され、学会員であることは、間違いないと思われます。

原坂一郎さんだけではなく、コメンテーターや講演者、執筆活動で生計を立てている方は、

やはり多くの会員を集める創価学会とつながりをもつことが、生活するうえで、近道なのでしょう。

全国各地での講演会や毎日、毎月発行される新聞や機関誌への記事掲載など安定した収入が期待できますから、間違いなし!

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサード リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする