八村塁の父親や弟と妹について!大学やNBAドラフトも気になる!

こんにちは。

今世間ではサッカーのワールドカップの話題でもちきりです。

日本も久しぶりにベスト16に残り、

真夜中の試合のために睡眠不足になる方も多いのではないでしょうか。

そんなサッカー一色の日本なんですが、

実はこの時期バスケットボールでもワールドカップ予選が

開催されているのをご存知ですか?

日本はもちろんバスケットボールではそれほど強くありません。

世界ランクでもなんと61位。

そんな61位の日本ですが現在行われている来年のワールドカップの

予選にはなんと来年のNBAドラフトで上位指名を有望視される選手が

加入しており、予選突破に向けて強い戦力となっているんです。

そんなバスケットの本場アメリカのプロも注目の選手、

八村塁選手についてご紹介したいと思います。

スポンサード リンク

八村塁選手のプロフィール

氏名:八村塁(はちむら・るい)

生年月日:1998年(平10)2月8日

出身地:富山県富山市

中学校:奥田中

高校:宮城県の私立明成高等学校

身長:202cm

体重:102kg

血液型:A型

スポンサード リンク

これまでの経歴は?

八村塁選手は小さい頃は陸上や野球をやっていたそうです。

中学1年生のときからバスケットボールを始めています。

中学3年生でで全中準優勝。

明成高では入学直後から主力に抜てきされ

1年生で出場した第44回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会では、

決勝戦でゴール下を支配し32得点を挙げています。

2年生の第45回大会に於いても2年連続優勝に貢献しました。

U-16日本代表にも選出されています。

2014年のU-17世界選手権では大会得点王に輝き、

122対38で惨敗を喫したアメリカ戦でも25得点を挙げたことで

アメリカの強豪大学から注目を浴びるようになりました。

2015年の夏のインターハイでは決勝で決勝で愛知県の桜丘高等学校を92-69で破り初優勝。

ウインターカップ2015の男子決勝では34得点、

19リバウンドを記録し、明成高校が78-73で土浦日大高校に

逆転勝利で大会三連覇を達成しました。

中学生のときからすでにバスケットボールの頭角を表していたなんてほんとうにすごいですね。

大学はアメリカへ。

八村塁選手は大学はアメリカのゴンザガ大学という大学に進学しました。

この大学日本ではあまり知られていませんが、

各分野で著名人を送り抱いている市立の有名校なんです。

特にバスケットボール選手を多く輩出しています。

そんなゴンザガ大学バスケットボールチームですが

今年の1月30日の発表された最新のNCAA全米大学男子バスケットボール・ランキングで1位に浮上しました。

もちろん日本人が全米ランキング1位の大学でプレーするのは史上初の快挙なんです。

八村塁選手のもとにはゴンザガ大学の他にも奨学金を提示してきたアメリカの大学もあったそうですが、

八村塁選手は外国人学生の育成に定評のある

ゴンザガ大学進学に進学することに決めました。

英語についての心配もあったそうですが、

八村塁選手は高校卒業直後に渡米。

ゴンザガ大学のサマースクールに通いながら英語力を磨きました。

そして大学でバスケットボールの実力をどんどんつけていきます。

そしてゴンザガ高校のランキング1位に貢献するまでの成長しました。

父親や母親はどんな人?

八村塁選手の父親はペナン人なんですね。

調べるとペナン島はマレー半島の西方、マラッカ海峡に位置する島である。

と出てきます。

戦時中は日本軍の占領下にもあったそうです。

「東洋の真珠」とも言われていて、マレーシア随一の観光地です。

ペナン島というときれいな島という印象ですね。

行ったことはありませんが、

八村塁選手の父親が日本に来ることになった経緯などはわかりませんが、

きっと父親もスポーツマンなんでしょうね。

自分の息子が全米で活躍するバスケットボール選手に成長するとは

夢にも思っていなかったのでは?

母親はどんな人なんでしょうか。

八村塁選手のお母さんんは日本人です。

もともと父親が仕事か勉強かで日本に来日。

そして何かのきっかけで日本人女性と知り合った。

そんな感じでしょうか。。

詳細はわかっていませんが

とにもかくにもペナン人のお父さんと日本人のお母さんとの間に3人の子供が浮かれました。

八村塁選手は長男になります。

その下に弟と妹がいます。

3人ともスポーツ選手として注目お浴びています。

弟について

八村塁選手の弟は

八村阿蓮選手。

お兄さんの塁くんと同じバスケットボールの選手です。

そして高校も同じ明成学園です。

これは。。比べられますね。

身長は194cm

2018年4月から東海大学に進学しています。

高校時代は兄と同じくバスケット部のエースとして活躍しました。

バスケ部の成績としては

兄の塁選手が活躍した頃のような成績はあげられず

2017年のウィンターカップでも敗退していて

やはりそういう学校の成績だけで言えば

「兄の方が上」と書かれることも多いようです。

そうはいっても大学のバスケットボール部で活躍するだけの実力は持っています。

まあ兄の累選手がちょっと人並み外れた才能を持っていたということなんでしょうね。

NBAからスカウトされるくらいの選手が兄ならそうとうプレッシャーもあると思いますが

そこらへんはどうなのか。。

情報はありませんが。

あまりお兄さんのことは気にしないで頑張ってほしいですよね。

妹も選手だった

八村塁選手の妹は

八村安美菜(あみな)さん。

上の兄二人と同じ明成学園に進学しています。

そして兄二人と同じようにバスケットボールの選手なんです。

身長は172cm

まだ高校1年生だし身長はまだ伸びるかもしれませんね。

152cmのわたしにしてみたら172cmって見上げちゃうほど高いですが。

最近は女の子も背の高い子が増えました。

モデル体型って言うのか。。

八村安美菜さんもすらっとしてるんだろうな。。

今後は実業団入りが噂されています。

まだ高1ですからね。

自分の進路についてはゆっくり考えて好きな道を進んでほしいですよね。

大学やNBAのスカウトについて

すでに記載したとうり、

八村塁選手の所属はアメリカのゴンザガ大学でバスケットボールチームです。

八村塁選手はアメリカのプロバスケットボールリーグにもスカウトされています。

今後のことも気になりますが

2018年は今年のNBAドラフトへのアーリーエントリーを見送り、

今年秋からの新シーズンも大学に残ることを発表しています。

まだ大学リーグでのプレーを希望しているということですね。

大学よりももっと厳しいプロの世界。

そのNBAに飛び込むには八村塁選手にはまだまだ課題がありそうです。

シュート力。

相手のペースに飲まれてしまい自分のいつもの実力を発揮できないこともあるそう。

もうそんなふうには全然見えないですけど。。

やはり周りはみな自分と同じくらいの体格と実力。

気後れしてしまう部分もあるのかもしれません。

でも自分を信じて突っ走るのみだと思います。

NBAで活躍する八村塁選手を是非みてみたいですね。

終わりに

2019年のワールドカップアジア予選での八村塁選手を始めとする日本人選手。

ほんとに素晴らしい活躍です。

ワールドカップもですが、2020年のオリンピックの

前哨戦とつなのにもなるワールドカップになります。

今の日本ではなぜかサッカーのワールドカップは全試合放送するくらいの勢いなのに、

バスケットボールはメジャースポーツなのにあまり話題にならないのがちょっと不思議です。

バスケットボールの世界ランクは日本は61位ですし、実力からして

世界の舞台に立っていないというのもあまり注目されない理由かもしれませんが、

今回のワールドカップはそんな61位の日本チームの大躍進がすごいです。

7月2日の試合でチャイニーズタイペイに圧勝し、日本はワールドカップ一次予選を突破しました。

二次予選もぜひ快進撃を見せてほしいと思います。

そしてオリンピックへの切符もぜひ手にしてほしいと思います。

今日も最後まで読んで頂いて有賀剛とざいました。

スポンサード リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする