深田太郎(作曲家)の妻や子供は?阿久悠の孫もリサーチ!

こんにちは。
トミーです。

作詞家の阿久悠さんをご存知ですか?
昭和の偉大な作曲家です。
その阿久悠さんの息子さんがいらしたので紹介したいと思います。

スポンサードリンク

阿久悠さんプロフィール

氏名:阿久悠

本名:深田公之(ふかだ ひろゆき)

1937年2月7日生まれ2007年8月1日没
(満70歳)

出身地:淡路島

学歴:明治大学文学部

阿久悠さんはもともと広告代理店に勤務されていて、コピーライターやCMの制作を手掛けていました。

1964年ごろから放送作家としても活動。

1966年に広告代理店を退社。

放送作家、作詞家としての活動を開始しました。

最初は当時人気だったグループサウンズのザ・スパイダースのデビュー曲のB面。

本格的なデビューはザ・モッズの「朝まで待てない」でした。

その後の阿久悠氏の作詞家としての経歴はみなさんご存知の通り。

スポンサードリンク

阿久悠さんの主な作品

阿久悠さんは亡くなるまでに5000曲もの作詞を担当しました。

しかも日本を代表する名曲が多数あります。

わたしが好きな曲では。。

「また逢う日まで」尾崎紀世彦さん
1971年

「勝手にしやがれ」沢田研二さん
1977年

「ジョニィへの伝言」ペドロ&カプリシャス
1973年

「UFO」ピンクレディー
1978年

「熱き心に」小林旭
1986年

「契り」五木ひろし
1982年

レコード大賞や日本歌謡大賞などとても大きな歌謡賞もたくさんの曲が受賞していますがわたしは阿久悠さんの作詞したアニメソングも好きですよ。

「宇宙戦艦ヤマト」
「太陽の子エステバン」
「デビルマン」
「ミクロイドS」
「名探偵コナン」

特撮ものの曲も

「ウルトラマンタロウ」
「ウルトラマンレオ」
「ザ☆ウルトラマン」
「スーパーロボット レッドバロン」
「ファイヤーマン」

さすがに5000曲もあるとすべてはご紹介できないですが、わたしが小さいころからずっと第一線で活躍されてきましたね。
人生の傍らに阿久悠さんの作った曲がともにある
と言っても過言では無いくらいです。

そんな阿久悠さんのご家族のことってご存知ですか?

阿久悠さんの妻は?

阿久悠さんは1964年にもともと勤務していた広告代理店「宣弘社」時代に知り合った女性、雄子さんと結婚されました。

結婚は阿久悠さんが27歳のころです。

職場恋愛だったんですね!

芸能界みたいなきらびやかな世界で活躍されていた阿久悠さんですから元アイドルとかそんな人を想像していたのでちょっとびっくりです。

同じ作詞家のなかにし礼さんは元アイドル歌手でいしだあゆみさんの妹の石田ゆりさんとご結婚されましたし。

阿久悠さんのサラリーマン時代からフリーとなって作詞家として大成するまでずっと支えてきたんですね。

そんな阿久悠さんご夫妻のお子さんが深田太郎さんです。

深田太郎さんプロフィール

深田太郎さんについてはあまり詳細なことは分かっていません。

1965年生まれ

現在51歳か52歳くらい。

出身大学は早稲田大学のようです。

深田太郎さんもお父さんと同じ音楽の道に進みます。

お父さんが作詞家なら深田太郎さんは作曲家の道を選びます。

声優の椎名へきるさんや女優の坂井真紀さんに楽曲を提供されています。

またお父さんの阿久悠さんと本田美奈子さんの曲を手掛けたこともありました。

BB(ベベ)ちゃん雲にのる
さあね

の2曲です。このアルバムに収録されています。

<楽天>
今のことろ代表曲というほどのヒットには恵まれていません。

2007年の阿久悠さんが亡くなられたころには「ラットパトロール」というインディーズバンドのギタリストを務めていました。

現在の動向は不明ですが、阿久悠さんをリスペクトしたイベントなどには参加されているようです。

深田太郎×上村汀トークイベント

一人息子だった深田太郎さんはほぼ母子家庭のような状態で育ちました。

阿久悠さんが活躍ざれていた1970年代から1980年代はお父さんである阿久悠さんは超多忙のため自宅には4か月に1度の帰宅だったとか。。

都心にオフィスを借りていて、ほとんどそこに缶詰状態だったそうです。

こりゃほぼ別居ですよね。

たしかに当時は毎週日曜日の午前中に「スター誕生」略してスタ誕もあり、さらに作詞家としての依頼もすごい数あったでしょうから。。

ひどい時には2時間で1曲書き上げていたんだとか。

もう人間業超えてます。

そんな状態で太郎少年はお父さんが帰宅するととてもうれしかったそう。

そして事務所に戻るお父さんに「今度はいつ帰ってくるの?」と聞いてお父さんを困らせていたようです。

子供ごころですよね。

太郎という名前について父に聞いたそうです。

「太郎と花子しか考えていなかった」んだそう。

一番日本人的な名前ですが、それでも一番使われているわけでは無い名前。

海外の人には太郎という名前は有名だから外人と結婚すれば?なんて言われていたそうです。

なんとお気楽な。。

でも確かにあまり付けない名前です。

関係ないですが、わたしの友達は息子さんに「太郎」娘さんに「薫子」ってつけてました。。

妻や子は?

深田太郎さんが現在結婚しているのかは、よくわかりませんでした。
2007年にはまだご結婚はされていなかったです。

現在50歳を過ぎている深田太郎氏ですがまだ結婚していないかもしれません。

阿久悠さんの孫は?

阿久悠さんは70歳で2007年に没していますがお子さんは深田太郎さんおひとりだったみたいです。

もし深田太郎さんにまだお子さんがいなければ阿久悠さんのお孫さんはいないと思われます。

ですがこれまでたくさんのアーティストに曲を提供してきた阿久悠さん。

曲が子供とは言いませんが、阿久悠さんの歌詞を歌ってきた若い(当時)アーティストたちはみな阿久悠さんのお子さんも同然だったかもしれません。

特にスター誕生は、この番組でが決まったアイドル達はみな審査員がデビュー曲を作るという決まりがありました。

ピンクレディの「ペッパー警部」

石野真子さん「狼なんか怖くない」

岩崎宏美「二重唱 (デュエット)」

柏原芳恵「ナンバー1」

森昌子「せんせい」

デビューから見守ってきたアイドル達。きっと娘や息子のような気持ちだったかもしれません。

最後に没後10年。

この間も偉大な作詞家である阿久悠さんに関するイベントやCDの企画はいくつもありました。

印税だけでも年間億単位のお金が遺族に入ってきます。

ほかにも総資産は100億を超えるといわれています。

深田太郎さんもお父さんの遺産であるこれまでの作詞した作品の著作権の管理をきちんと行って守っていくことで

生活にままったく困ることは無いと思われます。

お父さんの実績を色焦ることなく受け継いでいくよう働きかける
それが深田太郎さんの仕事かもしれませんね。

奥さんの現在は?

阿久悠さんの奥様である深田雄子さんの現在の様子はよくわかりませんが訃報の情報もないのでお元気のことと思われます。

現在80歳前後を思いますが、いつまでも元気でいてほしいですね。

スター誕生のこと

わたしがまだ小学校にも上がらいころから「スター誕生」は放送されていて、阿久悠さんはその審査員として小さいわたしには認識されていました。作曲家とか作詞家とか子供にはちょっとむつかしかったですね。

オーデションで怖い顔して意見を述べる阿久悠さんっていったいこのおじさんなんなんだろうって思ってました。

だんだんすごいヒットメーカーだということがわかったわけですが、やはり「スター誕生」の審査員の阿久悠先生というイメージはずっとなくなることは無いと思います。

2000年ごろからがん闘病が始まり2007年に亡くなるころには作詞家としても作家としても有名になっていました。

ご家族は多忙な大黒柱の影で寂しい思いをされていたようです。ですが阿久悠さんの死後は深田太郎さんも阿久悠さんの曲を中心にライブで歌う活動もされていたし、トークショーではお父さんの思い出を大切に語っていました。

最近はあまり活動が聞かれない深田太郎さんですが、没後10年ということで何か活動が聞かれるか注目されますね。

なお深田太郎で検索すると「レジーナボックス」という言葉が出てきますが、こちらは同姓同名の別人のようです。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク