ブライアン・オーサー氏の経歴は?結婚や妻についても調査!費用も気になる!

こんにちは。

みなさんは平昌オリンピックをご覧になりましたでしょうか?

「そだねージャパン」で話題になったカーリング女子は史上初銅メダル。

スピードスケートの高木姉妹は2人で5個のメダルを獲得。

女子スキージャンプの高梨沙羅選手が念願のメダル獲得。

男子フィギアスケートの羽生選手が2連覇達成。

偉業を成し遂げた選手が本当に多い!

当初盛り上がりに賭ける雰囲気でしたが、

蓋を開けてみれば日本中が熱狂しましたね。

過去最多のメダル13個という成績を納め、

日本中にたくさんの感動を届けてくれました!

私は女子フィギアスケートがとても印象深かったです。

日本代表の宮原知子選手、坂本香織選手は自己ベストを更新する

素晴らしい演技を披露してくれましたが、惜しくもメダル獲得はならず。

ロシアの15歳ザギトワ選手が金メダル、メドベージェワ選手が銀メダルを獲得しました。

2人の世界観に引き込まれる素晴らしい演技で、すごく感動しました。

オリンピックでは他国の選手も応援したくなる素晴らしい大会ですよね!

きょうは男子フィギアスケートで2連覇を達成した

羽生結弦選手のコーチを務めている

ブライアン・オーサー氏について調べてみました!

スポンサードリンク

ブライアン・オーサー氏のプロフィール

名前:ブライアン・オーサー

出身地:カナダオンタリオ州ベルビル

生年月日:1961年12月18日

身長:168㎝

体重:70㎏

最終学歴:Penetanguishene Secondary School

選手時代、当時男子では最高難度のジャンプだったトリプルアクセルを跳ぶことが出来る数少ない選手だったことから

『ミスター・トリプルアクセル』と呼ばれていました。

スポンサードリンク

これまでの経歴は?

ブライアン・オーサー氏は6歳の頃からフィギアスケートを始めています。

ノービス・ジュニア時代

1977年 カナダ選手権ノービスクラス 優勝

1978年 世界ジュニア選手権 4位

シニア時代

1981年 カナダ選手権 優勝

1983年 世界選手権 3位

1984年 サラエボオリンピック 総合2位

1985年 世界選手権 2位

1986年 世界選手権 2位

1987年 世界選手権 優勝

1988年 カルガリーオリンピック 2位

カルガリーオリンピック後は引退してプロスケーターとして活動していました。

2000年頃からは振付師として、2006年からはコーチとしての活動を始めました。

2007年にプロスケーターを引退してからは、コーチ業に専念しています。

主な教え子

・キム・ヨナ

・アダム・リッポン

・クリスティーナ・ガオ

・ハビエル・フェルナンデス

・羽生結弦

・ガブリエル・デールマン

・エリザヴェート・トゥルシンバエワ

羽生結弦選手、キム・ヨナ選手をはじめ、

あまりフィギアスケートに詳しくない人でも知っているような

有名な選手が多いですね!

現役時代に選手としても多くのメダルを獲得しているブライアン・オーサー氏ですが、

コーチとしても多くの選手をメダル獲得へと導いています。

キム・ヨナ選手の指導を受け持ったときにはあまり指導者経験がないのにも関わらず、

GEOの評価を重視した戦略が功を奏して2009年の世界選手権と2010年のバンクーバーオリンピックで金メダルを獲得。

羽生結弦選手のコーチになってからは2014年のソチオリンピック、2018年の平昌オリンピックで金メダルを獲得。

ブライアン・オーサー氏は選手・振付師・コーチと素晴らしい才能の持ち主ですね!

結婚や妻について

ブライアン・オーサー氏の結婚について調べてみましたが、どうやら同性愛者のようです。

同性愛者ということが発覚したのは1998年に元恋人から慰謝料請求の裁判に告訴されたことがきっかけでした。

元恋人に同性愛者だということを暴露されて一時は騒動となりましたが、

自身がゲイであるということを公表してからは、世間の理解を得ています。

現在はパートナーの男性とトロントで暮らしているようです。

そのパートナーはRajesh Tiwariという方で2008年頃から交際されているようです。

まだ結婚されていないと思いますし、もちろん子供もいません。

ブライアン・オーサー氏にとっては多くの教え子たちが

自分の子供のような存在になっているのかもしれませんね!!

コーチ費用はどれくらい?

ブライアン・オーサー氏の受け持った教え子はオリンピックや

世界選手権でいい成績を収めた選手ばかりなので、

コーチ費用はかなりお高いのではないでしょうか!

トップレベルの専属コーチにかかる費用は月に60〜100万円ほど、

年間で600〜1000万円もかかるようです。

ブライアン・オーサー氏はトップ中のトップのコーチですから

月100万円ほどかかるのではと予想されます!!

フィギアスケートの選手は月に60〜100万円も支払えるほどの収入があるというのも驚きです…!

一人のトップ選手のコーチで月100万円稼いでるとすると

ブライアン・オーサー氏の年収は一体いくらになるんでしょうか!?

フィギアスケートのコーチの平均的な年収は各コーチによってかなりばらつきはあるようですが、

大体3000万〜4000万円ほど。

更に振り付け料もかなり高額なので、

指導料と振り付け料と合わせて億を超える方もいるんだそうです!

ブライアン・オーサー氏は平昌オリンピックではハビエル・フェルナンデス選手も指導されていましたし…。

年収は億超えでしょうね!

すごい!

終わりに

楽天

選手としてもコーチとしても輝かしい成績を残しているブライアン・オーサー氏。

教え子である羽生結弦選手が66年ぶりにオリンピック連覇を達成するという

偉業を成し遂げていますし、ハビエル・フェルナンデス選手もとてもいい成績を収めています。

羽生結弦選手がブライアン・オーサー氏の指導の下、4回転アクセルを跳べる日も近いかもしれませんね!

今後もブライアン・オーサー氏の指導する選手が好成績を収めるのが楽しみですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク