ビットコインバブルはいつまで?崩壊の状況を調査!

現在投資家の中でとても注目を集めている『仮想通貨』についてご存知でしょうか??

最近いろいろと話題になっているビットコイン。

発売から現在まで価格はうなぎのぼりです。

こんな状況はいつまで続くの?

そもそもビットコインって何?

ということでいろいろと調べてみました。

スポンサードリンク

仮想通貨とは

ネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、

中央銀行など公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して

円やドル・ユーロ・人民元など通過と交換できるものです。

この仮想通貨の種類はなんと600種類以上あると言われています!!

仮想通貨は別名『ビットコイン』『暗号通貨』『デジタル通貨』などと呼ばれています。

日本円のような法定通貨とは違い、通貨としての機能をもつ電子データです。

仮想通貨と似たものに、オンラインゲームや音楽のダウンロードで使える電子マネーがありますが、

電子マネーは法定通貨を基準とした電子的なデータで、

特定の企業やサービスの範囲内の利用に留まります。

2014年秋の時点で日本はビットコインを「資本金決済に関する法律」の対象とはしておらず、

一般の「電子マネー」や「通貨」とは異なるものと判断されています。

仮想通貨を使うメリットは、国境も関係なく

世界のどこにいても使うことが出来るため幅広い使いみちがあるということです。

国境をまたいで送金したいときも、

仮想通貨を使えば通常の送金よりもかなり低コストで済むのです。

日本円から米ドルに換えて銀行から送金しようとすると

手数料は4,000〜7,000円ほどかかってしまいます。

しかし仮想通貨であれば世界中どこにいても無料か格安で

送金することが出来ます。

なぜ格安で送金することが出来るかというと、

仮想通貨を管理する団体がないために人的コストがかからないからです。

しかも通常であれば1週間〜10日かかりますが、

仮想通貨は10分で手続きが完了します。

そして仮想通貨はインターネット上に限らず、

仮想通貨を導入しているお店であれば実際の店舗でも使うことができます。

仮想通貨が使える店舗では店側が提示するタブレットにスマホをかざすだけで決済が完了します。

その国の通貨がなくても買い物や飲食が可能なのです。

仮想通貨ってとてもいいことづくしのように思いますよね!!

では、ビットコインの現状はどうなっているのでしょうか?

調べてみました!!

スポンサードリンク

ビットコインの現状は

現在日本国内ではビットコインは投資用通貨という認識が強いものです。

しかし、世界に目を向けると投資用だけではなく、

暮らしに根ざした実用的な仮想通貨として既に導入している国もあるのです!

ビットコインを実用的に導入している国は発展途上国が多いようです。

政情が不安定な国ほど公的な相場に影響されない第二の通貨として保有する傾向にあります。

先進国は主に投資用通貨として普及していて、

日本も同様の傾向にあるようですが、

大手の外資系のコーヒーチェーン店などでは

ビットコインによる決済システムを本格的に導入しています!

まだわたしはビットコイン決済OKのお店は見たことが無いですが。。

年齢別に普及率を見てみると40代〜50代が最も多く利用していて、

最近になってから30代の利用率が伸びています。

男女では男性のほうが保有率が高いようです。

男性は投資用、女性はオンラインショッピングに使うために保有している傾向が見られます。

ビットコインの現状は「一部のプロ向けの投資用通貨」という認識を持たれているようです!

しかし、ビットコインが法定通貨ではないということから信頼できるのか?

安全なのか?という疑念が持たれています。

現に、ビットコインが違法取引に使われたり、

盗難横領の被害に遭うという事件も起きています。

ビットコインは取引の匿名性が高いことから犯罪者集団にとって

格好の送金手段となってしまっているのです。

現在ビットコインを所有している人は所得上位1%の人が

全体の90%を所有していて、取引所のシェアでは中国が93%と圧倒的です。

ビットコインで熱くなっているのは中国、

韓国、日本と東アジアだけのようですね。

今後ビットコインはどのように信頼、

安全性を守り一般的に普及していくのでしょうか。

スポンサードリンク

ビットコインバブルとは

2017年の春頃からビットコインなどの仮想通貨の相場が急騰していました。

ビットコインの運用がスタートした2010年には1ビットコインは10円にも満たない仮想通貨でした。

しかし、2011年に最初のビットコインバブルが訪れ、

1ビットコイン=約1,500円にまで値上がりし、2013年には11万円にまで上昇しました。

その後マウントゴックスの破綻事件があったことから2万円弱まで暴落、

それが2017年初めに10万円まで回復し、

12月には過去最高となる234万円に到達しました!!

ビットコインの上昇率は2017年の1年間で20倍にまでになっているんです!

バブルはいつまで続く?

最近知名度を上げている仮想通貨ですが、

批判的に論評する人がいる一方で楽観的にみていて

2030年には1ビットコイン=5,200万円を目指すという噂もあります。

すごい勢いで価値が上がっているビットコインですが、

このバブルは永遠に続くわけではありません。

ビットコインは株価やFXのような投資指標が存在しないために、

利益確定やロスカットによる撤退を厳格に行わなければ

大きな損失が出てしまうことがあるのです!!

崩壊が近いという見方も

ビットコインは12月18日に234万円と過去最高値をつけましたが、

22日には一時125万円を割るほど急落しています。

下落率はなんと29%!!歴史的な急落記録を超えるほどです。

市場関係者の話だと

「海外では高騰を狙い、借金をしてまでビットコインを購入しようとする動きが広がっています。

」そこを狙ってヘッジファンドが売り浴びせた可能性がある。

“バブル崩壊”もささやかれています」

とのこと!

1年後には1ビットコイン500万円を突破していても

不思議ではないという見方をする人もいれば、

20万円台に急落するという予測もあります。

『ビットコインバブルはチューリップバブルのグラフに似ている』と言われています!

チューリップバブルとは…

オランダで17世紀に数百円の価値しかない1個のチューリップの球根が、

オランダ人の年収の約5倍以上になって、3年で突然終焉したというものです。

チューリップバブルが崩壊した理由は特になく、

ある日突然に終焉したようです。

ビットコインバブルがチューリップバブルと同じように終焉を迎えるとしたら

2年後くらいで崩壊するかもしれません…。

素人がビットコインに参入してくることが危ない兆候なんだそうです。

マスコミでビットコインで資産が100倍になったとか、

1億円儲けた人がたくさんいるというような報道がされていて、

これを見て自分でも投資してみようかとビットコインに興味を持つ人が増えています。

「素人が相場に入ってきたときが、相場の終わり」という格言もあります。

投資の素人は危ないと思ったらすぐに手放す人が多いので

一瞬で暴落する恐れがあり、株も投資信託もやったことがないような人がいきなりビットコインに手を出すのはとても危険なようです!!

そりゃそうですよね。

終わりに

ビットコインで大儲けした人がたくさんいると報道され話題になっている仮想通貨。

1年でその価値が20倍にもなったという事実がありますが、

今後素人の参入によってビットコインバブルが一瞬で崩壊してしまう恐れがあります!

このまま更に価値があがると見ている人もいるようですが

投資の素人の人は暴落してもショックが最小限になるくらいの

小さい規模でビットコインを購入するのがいいかもしれませんね。

その後

国によってはすでにビットコインの購入を規制する動きもあり、

2018年1月17日現在かなり急落しました。

ビットコインの取引を取り扱っている機関で30% 前後の急落となっています。

この記事を書いている間にこのような事態になりました。

ビットコインを持っている人がどんどん売りに出せばさらに急落してしまいます。

やはりこういうリスクがあるから仮想通貨や株て素人には難しいんですよね。

ビットコインバブルの崩壊はもうすでに始まっているようです。

きょうも最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク